Beach & City Guide

Advertisements


「 アジアシティー 」ページ一覧

魅力あふれるアジアシティーで都会のラグジュアリーホテルで少し贅沢なリゾートライフを楽しんではいかがでしょう。

ハノイ旅行のベストシーズン

ハノイはベトナムの首都で南部のホーチミン市に次ぐ第2の都市でベトナムにおいては、ホーチミンが経済の中心となり、ハノイは政治・文化の中心となり、初代大統領ホー・チ・ミンの墓であるホーチミン廟や、共産党本部などがあります。観光ではハノイのシンボル的な存在であるホアンキエム湖や旧市街が中心となり、1010年に建国された李朝の首都であった当時の城壁や街並み、フランス統治時代の建築物やコロニアルホテルなど歴史と伝統を感じさせる町の雰囲気で、シルクのお店や雑貨屋も多く、女性の人気も高いエリアとなります。ハノイ郊外に昔話を描いた版画を作るドンホー、焼き物で有名なバッチャンや水上人形劇をはじめとする伝統芸能も人気です。ベトナムで一番有名な世界遺産であるハロン湾は、ハノイから車で約3時間半で日帰りでもいける観光名所です。

アジアシティ旅行のベストシーズン

魅力あふれるアジアシティーで少しお洒落にシティリゾートを楽しんではいかがでしょう。ビーチリゾートで人気のエリアも大都市を経由することが多く、ビーチとシティを両方満喫する旅行プランも人気です。日々発展しているエキサイティングなアジアのシティリゾートを満喫しましょう。

クアラルンプール旅行のベストシーズン

マレー半島の西海岸にあるクアラルンプールは、熱帯雨林気候に属し、赤道に近く、1年を通して高温多湿で降水雨量も多い地域です。年間の平均気温は29℃で、乾季や雨季がありますが、乾季雨季共に雨が降るため、観光中心の旅行の場合は、ベストシーズンに特にこだわる必要はありません。乾季は10~4月頃となり、少しずつ気温が上昇しますが朝晩は涼しくなり、日本の夏に比べると過ごしやすく感じます。雨季は5月~9月頃で南西モンスーンの影響を受け、比較的雨の多い時期です。日本の梅雨時期とは違い一日中降り続ける雨はめったに降りません。

ホーチミン旅行のベストシーズン

ベトナム南部に位置するホーチミンは、熱帯モンスーン気候で年間を通して高温多湿となり、年間平均気温は約27℃で冬も暖かく、年間を通して旅行は可能です。一般的に乾季は11月~5月となり、ベストシーズンは12月~4月で天気も良く観光を楽しめます。4月~5月は1年で最も暑い時期となり、熱中症に注意が必要です。雨季は6~11月で比較的降水量は少なく、雨季の後半は雨が一日中続くことがありますが、一時的なスコールと晴天を繰り返す天気です。1月~2月の旧正月(テト)前は賑やかな雰囲気となり、涼しく過ごしやすい時期となり旅行時期としては最適です。服装は日本の夏と同様で大丈夫です。日射しが強いので、紫外線対策は必要。

マラッカ旅行のベストシーズン

マレー半島西海岸のクアラルンプールの南側にあるマラッカは、熱帯雨林気候に属し、赤道に近く、1年を通して高温多湿で降水雨量も多い地域です。年間の平均気温は29℃で、乾季や雨季がありますが、乾季雨季共に雨が降るため、観光中心の旅行の場合は、ベストシーズンに特にこだわる必要はありません。乾季は10~4月頃となり、少しずつ気温が上昇しますが朝晩は涼しくなり、日本の夏に比べると過ごしやすく感じます。雨季は5月~9月頃で南西モンスーンの影響を受け、比較的雨の多い時期です。日本の梅雨時期とは違い一日中降り続ける雨はめったに降りません。

プノンペン旅行のベストシーズン

カンボジアの首都「プノンペン」は、政治・経済の中心となり、メコン川とトンレサップ川の合流地点にある交通の要衝として発展しました。フランスの統治下時代の街並みから緑の多い美しい街となり、レストランやホテルも続々とオープンしており、観光としては王宮やシルバーパゴダ、国立博物館やセントラルマーケットや、ポル・ポト派の負の歴史を展示したトゥール・スレン博物館などとなります。

シェムリアップ旅行のベストシーズン

ベトナム、タイ、ラオスに国境を接し、インドシナ半島の中央に位置するカンボジア。その首都プノンペンの北西へ約300kmに位置し、世界遺産アンコールワット遺跡群があるシェムリアップ。アンコールワットは2世紀前半に建てられた世界最大級の石の寺院です。その他にもタプロム、ロリュオス遺跡、クバルスピアン、ベンメリアなどの遺跡があり、観光の街として人々を魅了しています。「天空の城ラピュタ」のモデルとなったと噂されているベンメリア遺跡も脚光を浴びてます。また街のスポットにはオールドマーケット、ナイトマーケット、アンコール国立博物館、アプサラダンスショーは、カンボジアが誇るクメール文化の宮廷舞踊「アプサラの踊り」です。トンレサップ湖は「伸縮する湖」といわれ、自然の神秘を感じられます

バンコク旅行のベストシーズン

バンコクの気候は、気温は年間を通じて高く、タイの中でも降水量が非常に少なく、一年を通じて温暖な気候です。乾季:11月~3月、暑季:4月~5月、 雨季:6月~10月 の3つのシーズンに分けられます。 乾季の11月~2月には空は青く晴れ渡り、日中・夜間ともに少し暑くなりますが、観光に適したシーズンとなります。朝夕は肌寒いときもあるので長袖などの準備も必要です。また12〜2月は雨はほとんど降らず、気候は安定しています。3~5月は暑季となり、一年で最も暑い季節で朝から気温はぐんぐん上昇し、夜になってもさほど下がりません。雨季は、モンスーンの影響を受けやすく、地形的に7月・8月・9月は激しいスコールが降ることがあります。年間を通して気温に大きな変化はなく、1年の平均気温は27℃です。

チェンマイ旅行のベストシーズン

チェンマイの気候は、気温は年間を通じて高く、タイの中でも降水量が非常に少なく、一年を通じて温暖な気候です。乾季:11月~3月、暑季:4月~5月、 雨季:6月~10月 の3つのシーズンに分けられます。チェンマイ観光のベストシーズンは乾季の11月~2月頃となり、空は青く晴れ渡り、気温も心地よく観光に適したシーズンとなります。特に雨季はモンスーンの影響を受けやすく、地形的に7月・8月・9月は激しいスコールが降ることがあります。年間を通して気温に大きな変化はなく、1年の平均気温は27℃です。

シンガポール旅行のベストシーズン

シンガポールの国土は淡路島ほどの大きさで約550万の人口になります。構成として華人が約75%でその他のマレー系やインド系などを含めた多民族国家です。民族固有の文化に加え、以前の宗主国イギリスの文化も加わり、シンガポールは独特の文化を形成しています。緑と花が豊かな街並みにショッピングやグルメ、複合リゾートとして開発されたマリーナベイサンズのカジノや様々な観光スポットが充実した人気の海外旅行先となりました。経済においても世界第4位の金融センターや世界3位の一人当たりの国民所得など世界有数の商業中枢に成長しています。

香港旅行のベストシーズン

香港は亜熱帯性気候(熱帯と温帯との中間の気候)となり、年間を通して温暖な気候です。秋・冬は温暖で乾燥しており、春・夏は海からの季節風と熱帯低気圧の影響で高温湿潤という気候で、日本ほどはっきりとはしていませんが、四季があります。

上海旅行のベストシーズン

上海は地域的には亜熱帯に属しますが、緯度は鹿児島市とほぼ同じです。四季がはっきりしており、気候は東京とあまり変わりません。春と秋は短くて、夏と冬は長く、年間平均気温は約16℃となります。上海の観光のベストシーズンは、4~5月と10月~12月になります。春は温暖で黄砂の影響もあまりないため、おすすめです。春から夏にかけては雨も多くなり、年間降雨量の60%は5月―9月の雨期に集中しています。

北京旅行のベストシーズン

北京は地域的には温暖帯半湿潤大陸性季風気候に属し、緯度は岩手県の緯度とほぼ同じです。四季がはっきりしており、気候は春と秋は短くて、夏と冬は長く、年間平均気温は約12℃となります。北京の観光のベストシーズンは、5~6月と10月~11月になります。春先は乾燥し、黄砂が飛ぶことが多いため、夏前の5~6月は気温も上がり、旅行にはおすすめの時期となります。夏場にかけて雨も多くなり、年間降雨量の大部分は6月~8月に集中しています。気温は40℃近くになる日もありますが、東京よりも湿度が低いため、過ごしやすく感じます。

マカオ旅行のベストシーズン

マカオは亜熱帯性気候(熱帯と温帯との中間の気候)となり、年間を通して温暖な気候で年間平均気温は20℃前後になります。また湿度が非常に高く、霧が多く現れる特長があります。春・夏は海からの季節風と熱帯低気圧の影響で高温湿潤という気候で、日本ほどはっきりとはしていませんが、四季があります。

ジャカルタ旅行のベストシーズン

インドネシアは、中国、インド、米国に次ぐ世界第4位の人口2億3千万人の国で、ASEAN(東南アジア諸国連合)の成長著しい経済大国になりました。インドネシアの首都であるジャカルタは、東南アジアでも有数の商業都市で、インドネシアの歴史や文化が集約されており、ジャカルタのおすすめ観光スポットも多様な魅力を持っています。

アジア シティリゾートで素敵な休日を

フライトの時間も少なく、気軽に行くことができるアジアシティでは、少し贅沢に都会のラグジュアリーホテルでリゾートライフを過ごし、街でのショッピングやグルメを楽しむことが出来ます。日々発展しているエキサイティングなアジアのシティリゾートを満喫しましょう。

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る