Beach & City Guide

Advertisements


クレジットカードの海外旅行傷害保険(利用付帯と自動付帯)

海外旅行傷害保険は必要?

海外旅行が決まったら、絶対に入っておくべき海外旅行傷害保険。海外旅行中に不慣れな国で事故に巻き込まれてしまったり、日々の疲れから解放されて思いがけず体調を崩したり、病気になってしまった場合、保険に入ってなかったために病院で高額な医療費に困ってしまったという事例も少なくはありません。このようなトラブルに備えるためにも海外旅行傷害保険には加入しておいたほうがよいでしょう。保険会社の用意している海外旅行傷害保険に加入するか、クレジットカードの海外旅行傷害保険を利用するかのどちらかになります。

海外旅行保険の適用期間は?

一般的に海外旅行保険では、旅行を目的とし住居を出発してから、住居に帰るまでの期間が補償期間となります。しかし保険によって期間が異なる場合もあるため、補償の内容は必ず確認しましょう。

クレジットカードの海外旅行傷害保険とは?

クレジットカードに付帯しているサービスには還元率や海外空港ラウンジが利用できるなど様々なメリットがありますが、海外旅行傷害保険がついているカードもあり、旅行中の病気やケガなどのトラブルを24時間365日で日本語でサポートがあったり、現地で費用を立て替えなくても良いキャッシュレス診療などのサービスがあったりと海外旅行での安心となります。海外旅行に行く前に保有しているクレジットカードで海外旅行傷害保険の有無と補償内容を確認しましょう。

クレジットカードの海外旅行傷害保険=「利用付帯」と「自動付帯」

クレジットカードの海外旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」という2種類の付帯条件があります。「自動付帯」はカードを発行し所持しているだけで常に海外旅行保険を利用できる状態にあり、「利用付帯」は出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をクレジットカード払いで支払うことが条件として付帯されます。また募集型企画旅行のみで、受注型や手配型では旅行代金をクレジットカードで支払っていても保険の適用外となるなど、カードによって詳細な条件が異なる場合がありますので対象条件を確認しましょう。

年会費無料で海外旅行傷害保険が「自動付帯」のクレジットカード

死亡・後遺障害以外の治療・救援費用、携行品損害は、補償限度額は合算が可能となっているため、年会費無料の海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを複数枚持たれてはいかがでしょう。複数の「利用付帯」のクレジットカードで旅行代金を支払いをするのは難しいため、「自動付帯」の年会費無料クレジットカードを複数枚持つことで補償額を大きくすることが出来ます。
例として海外旅行にも便利なエポスカードは、海外旅行傷害保険・24時間日本語サポートが自動付帯で安心です。疾病治療費の保険金 最高270万円、携行品損害の保険金 最高20万円などが年会費無料でついてきます。

「家族特約」=ゴールド以上のステータスカードに付帯

クレジットカードの海外旅行傷害保険は、基本的にカードの名義者のみが対象ですが、家族カードを作れればその名義の方は対象になることが多いです。しかし18歳以上でないとカードが作れないため、お子様用の保険として「家族特約」が必要になります。
「家族特約」は、家族が旅行に同行する際にカードの名義者同様にクレジットカードの海外旅行傷害保険の補償が受けられるというサービスです。「家族特約」がつくクレジットカードは一般的にゴールド以上のステータスカードに付帯していることが多いため、こちらも対象条件を確認しましょう。

海外旅行傷害保険でよく利用されている保険の種類

海外旅行保険には傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用など様々な担保項目があります。実際に海外旅行保険でよく利用されている補償の種類は、治療・救援費用、携行品損害です。担保項目の金額もそれぞれ設定されていますが、補償額が高いこともあり、傷害死亡・後遺障害の金額が目に行きがちですが、注意して確認しましょう。
また傷害死亡・傷害後遺障害は保有している複数のクレジットカードの補償金額の最高額が適用されますが、治療・救援費用、携行品損害は、複数のクレジットカードを保有している場合に補償金額を合算することが出来ます。

保険会社の海外旅行傷害保険とクレジットカードとの併用は?

クレジットカードに海外旅行保険が付帯されていても、保険会社の海外旅行保険を契約することはできます。旅行の準備の際にクレジットカードの海外旅行保険で必要な補償内容や保険金額を満たしているかをチェックし、もし不足している内容がある場合は保険会社の海外旅行保険でカバーすることをおすすめします。

「年会費無料・自動付帯」クレジットカードに付帯された保険の補償内容の参考例

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※ご家族は対象となりません。

「ゴールドカード」クレジットカードに付帯された保険の補償内容の参考例

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1000万円
傷害治療費用 300万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 300万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※ご家族は対象となりません。

「プラチナカード」クレジットカードに付帯された保険の補償内容の参考例

保険金の種類 本人 ご家族
傷害死亡・後遺傷害 最高1億円 最高2,000万円
傷害治療費用
1事故の限度額
300万円 200万円
疾病治療費用
1疾病の限度額
300万円 200万円
個人賠償責任(免責なし)
1事故の限度額
1億円 1億円
携行品損害
(免責3,000円)
100万円 100万円
救援者費用
1旅行・保険期間中の限度額
200万円 200万円
航空機遅延費用等
1回の遅延の限度額
2万円 2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用
1回の遅延の限度額
10万円 10万円

保険会社の海外旅行傷害保険の補償内容の参考例

※補償対象範囲と金額と治療費の支払い方法は、掛け金で大きく変わります。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高1000万円
疾病死亡 最高1000万円
傷害治療費用 1000万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 1000万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 1億円(1事故の限度額)
救援者費用 1000万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害 30万円(1旅行・保険期間中の限度額)
航空機寄託 10万円(1旅行・保険期間中の限度額)
人気の海外旅行保険付きカード
ゴールドカードなのに年会費は2,160円(税込)
年会費 2,000円+税 還元率 1.0%~
ラウンジ利用空港数 国内28空港
海外2空港
空港ラウンジ特典 一部空港でアルコール無料

楽天ゴールドカードに申し込む楽天ゴールドカードの詳細 


インターネット入会の場合 初年度年会費無料
年会費 無料(2年目以降:10,000円+税) 還元率 0.4%~
ラウンジ利用空港数 国内28空港 空港ラウンジ特典 なし

三井住友VISAゴールドに申し込む三井住友VISAゴールドの詳細



海外旅行のサポートで定評のJCB
年会費 無料
(2年目以降:10,000円+税)
還元率 0.5%~0.80%
ラウンジ利用空港数 国内28空港 海外1空港
中国25空港※期間限定
空港ラウンジ特典 プレミアで
プライオリティ・パス会員

JCBゴールドに申し込むJCBゴールドの詳細 


入会で最大15,000ポイントプレゼント
年会費 10,000円+税 還元率 1.0%~
ラウンジ利用空港数 国内28空港
海外2空港
空港ラウンジ特典 プライオリティ・パス会員

楽天プレミアムカードに申し込む楽天プレミアムカードの詳細


海外旅行にエポスカード!保険・サポートが自動付帯で安心
年会費 無料 海外旅行傷害保険 自動付帯※疾病治療費の保険金 最高270万円 携行品損害の保険金 最高20万円
海外ショッピング&キャッシング 両替不要で便利・安心!利用可能枠を一時的に増額も可能 緊急デスクサポート 24時間日本語でサポート

エポスカードに申し込むエポスカードの詳細 




  RELATED POSTS
トップへ戻る