Beach & City Guide

Advertisements


「 中国 」ページ一覧

中国の人気ビーチ&シティをご紹介。あなたにぴったりのビーチリゾート&シティを見つけましょう。

香港旅行のベストシーズン

香港は亜熱帯性気候(熱帯と温帯との中間の気候)となり、年間を通して温暖な気候です。秋・冬は温暖で乾燥しており、春・夏は海からの季節風と熱帯低気圧の影響で高温湿潤という気候で、日本ほどはっきりとはしていませんが、四季があります。

上海旅行のベストシーズン

上海は地域的には亜熱帯に属しますが、緯度は鹿児島市とほぼ同じです。四季がはっきりしており、気候は東京とあまり変わりません。春と秋は短くて、夏と冬は長く、年間平均気温は約16℃となります。上海の観光のベストシーズンは、4~5月と10月~12月になります。春は温暖で黄砂の影響もあまりないため、おすすめです。春から夏にかけては雨も多くなり、年間降雨量の60%は5月―9月の雨期に集中しています。

北京旅行のベストシーズン

北京は地域的には温暖帯半湿潤大陸性季風気候に属し、緯度は岩手県の緯度とほぼ同じです。四季がはっきりしており、気候は春と秋は短くて、夏と冬は長く、年間平均気温は約12℃となります。北京の観光のベストシーズンは、5~6月と10月~11月になります。春先は乾燥し、黄砂が飛ぶことが多いため、夏前の5~6月は気温も上がり、旅行にはおすすめの時期となります。夏場にかけて雨も多くなり、年間降雨量の大部分は6月~8月に集中しています。気温は40℃近くになる日もありますが、東京よりも湿度が低いため、過ごしやすく感じます。

マカオ旅行のベストシーズン

マカオは亜熱帯性気候(熱帯と温帯との中間の気候)となり、年間を通して温暖な気候で年間平均気温は20℃前後になります。また湿度が非常に高く、霧が多く現れる特長があります。春・夏は海からの季節風と熱帯低気圧の影響で高温湿潤という気候で、日本ほどはっきりとはしていませんが、四季があります。

海南島旅行のベストシーズン

中国最南端に位置し、ハワイと同じ緯度にある常夏の島「海南島(ハイナン島、カイナン島)」。海南島は日本の九州と同じくらいの大きさで中国のハワイと言われ、週末旅行にもおすすめのアジアンリゾート。中華人民共和国海南省にある海南島観光の中心は大きく2つに分けられ、中国屈指のリゾート地で海南島の中心都市である三亜市と海口市の2つとなります。海南島リゾートと言えば、三亜市となり、中国有数のビーチリゾートとして温暖な気候と美しい砂浜で知られます。特に海南島三大ビーチの一つである亜龍湾(ヤーロン・ベイ)は、ザ・リッツ・カールトン、ヒルトン、シェラトン、マリオットなど外資系の一流リゾートホテルが立ち並び、中国有数のビーチリゾートとして人気の旅行先となっています。東洋の癒しを体感できるリゾートアイランドでバケーションを楽しみましょう。

海南島旅行 基本情報

海南島の三亜へのアクセスは、日本からの直行便はチャーター便を除き運行していません。中国各都市経由で行くことになり、一番利便性がよく経済的なのが広州経由です。もしくは、香港経由香港航空(HX)利用となり、 国内線は中国主要都市から便があり北京、上海、深セン、長沙便は便数が多くあります。特に上海便は日本からのアクセスもよいので、上海から足を延ばしてみるのもお勧めです。国際線はシンガポール、韓国などの便があります。三亜鳳凰国際空港から三亜市内へは車で約20分、三亜湾エリアまでは約10分、大東海エリアまでは約30分、亜龍湾エリアまでは約50分。海南省の省都である海口美蘭国際空港から海口市内へは車で約30分。

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る