Beach & City Guide

Advertisements


「 Nha Trang / ニャ チャン 」ページ一覧

ニャチャン ビーチ情報&新規開業のホテル / 海外の新しくオープンしたリゾートホテルをアジアビーチ中心にご紹介。ビーチが決まってホテルの選択に迷ったら新しいホテルも良いかもしれませんね。

カムラン旅行 基本情報

【カムランへのアクセス】ハノイもしくはホーチミンを経由。ホーチミンは、成田から約6時間、関空からは約5時間20分、ハノイまでは、成田から約5時間30分、関空からは約5時間。最寄りの空港はカムラン国際空港。ハノイから飛行機で約1時間40分、ホーチミンから飛行機で約55分で、カムラン国際空港に到着し、カムランのリゾートホテルまで車で約10~20分でのアクセスになります。

カムラン旅行のベストシーズン

ベトナムの新しいビーチリゾートエリアとしてベトナム中南部のカインホア省のカムラン湾に注目が集まっています。カインホア省の玄関口であるカムランと中心都市のナチャンへは、ベトナム第4の規模のカムラン国際空港からのアクセスになります。カムランは、歴史の中で軍港のある町として知られていましたが、近年、国際港として再び注目を集めていることからロシアなど様々な国の人々が訪れています。観光客の増加とあわせ、カムランとナチャンはビーチ沿いを中心に新しいリゾートホテルが次々にオープンし、リゾートエリアとして開発されている最中です。

ベトナム旅行のベストシーズン

ベトナム観光として人気の都市は、首都ハノイと経済発展目覚ましいホーチミンという2つの大都市をはじめ、ベトナム最後の王朝が都を置いた古都フエ、16~17世紀に港町として日本人町もあったホイアンやビーチリゾートではダナン、ナチャンが、また避暑地として人気のダラットが主要な滞在先おなります。離島のリゾートしてコンダオ島やフーコック島も近年リゾートしての注目が集まっています。世界遺産のハロン湾クルーズやヘルシーなベトナム料理も人気で、フランス統治時代の街並みやコロニアルな建築物がミックスされた景観は独特の雰囲気を持ち、アジアの活気溢れる国として人気の旅行先となっています。

ザ アナム リゾート(ナチャン) オープン

ニャチャンへの玄関口となるカムランのロングビーチに「ザ アナム リゾート」が、2016年9月にソフトオープンしています。今年の年末にグランドオープン予定です。カムラン国際空港には首都ハノイからもホーチミンからも約1時間のフライトで到着となります。ザ アナム リゾートへのアクセスは、カムランの空港から車で約15分、ニャチャン市内まで約40分の距離のカムランにあるロングビーチに位置し、このカムランのロングビーチ周辺は現在、急速にリゾートとして開発されているエリアとなります。

フュージョンリゾート カムランー王道の人気リゾート

ニャチャンへの玄関口となるカムランのロングビーチにベトナムで人気のリゾート「フュージョン・リゾート」の最新のホテル「フュージョン リゾート カムラン」が、2015年11月グランドオープンしました。カムラン国際空港から車で約10分、ニャチャン市内まで約40分の距離に位置し、カムランのロングビーチは、まだこれからリゾートとして開発されていく予定のエリアとなります。(2017年12月16日より名称を変更し、フュージョン リゾート ニャチャンからフュージョンリゾート カムラン(Fusion Resort Cam Ranh)となりました。)

カム ラン リビエラ ビーチ リゾート & スパ オープン

ニャチャンへの玄関口となるカムランのロングビーチ(バンタイビーチ)に「カム ラン リビエラ ビーチ リゾート & スパ」が、2015年12月グランドオープン予定です。(2015年1月よりソフトオープン中です。)カムラン国際空港から車で約15分、ニャチャン市内まで約30分の距離に位置し、カムラン北側のバンタイビーチは、まだこれからリゾートとして開発されていくエリアとなります。

ニャチャンー ベトナム ビーチリゾート

ベトナム屈指のビーチリゾート、ニャチャンは、ホーチミン市から北東へ約450kmのベトナム中南部のカインホア省にあり、過去フランス領時代に要人のリゾート地として開発が始まりました。カムラン湾に面したナチャンは7kmに及ぶニャチャン・ビーチを持ち、 沖には19の島々が浮かび、アイランド・リゾートも楽しめます。

ニャ チャン ベストビーチ&レストラン

ルイジアナ・ブリューハウス / Louisiane Brewhouse/ビーチに面したプール付きのブリューハウス。店内の醸造所で作られているオーストラリア産などの厳選された麦芽とホップを使用したビールはピルスナー、ダークラガーなど数種が用意されニャチャンのビーチを特別なものにしてくれます。

ニャ チャン旅行 基本情報

【ニャ チャンへのアクセス】 ハノイもしくはホーチミンを経由。ホーチミンは、成田から約6時間、関空からは約5時間20分、ハノイまでは、成田から約5時間30分、関空からは約5時間。最寄りの空港はカムラン国際空港。ハノイから飛行機で約1時間40分、ホーチミンから飛行機で約55分、空港からニャチャン中心まで車で約30分 。

ニャチャン旅行のベストシーズン

7kmの黄金色ビーチが続く仏領時代からのビーチリゾート! ベトナム屈指のビーチリゾート、ニャ チャン。ベトナム中南部にあり、ホーチミンから約450キロ北東にあり、過去フランス領時代に、要人のリゾート地として開発が始まった。沖には19の島々が浮かび、穏やかな海であることからアイランド・リゾートも楽しめます。

インターコンチネンタル ニャチャン オープン

2014年3月にオープンしたビーチフロントのラグジュアリー・リゾート。ニャチャン・カムラン国際空港から車で35分(35㎞)。ニャチャンはタップバーの温泉リゾート、ニャフ湾のラグーン、スキューバダイバーに人気のムン島自然保護区など、バラエティ豊かなアトラクションがあります。徒歩圏内にたくさんのレストラン、バーやショップが軒を並べる便利な立地。

アマノイ ー 絶景のリゾートホテル

アマノイは、2013年9月オープンしたベトナム初のアマンリゾーツになります。ニャチャン・カムラン空港から車でニャチャン市街とは逆の南へ約90分。奇岩の山々と海を持つヌイチュア国立公園内に位置するハイダウェイリゾートがオープン。アマンリゾーツ26軒目のリゾートでアマノイは幸せな場所という意味。静かで碧い海のビンハイ湾を望み、ホワイトサンドビーチを持つ隠れ家的なロケーション。周囲は国立公園と漁村のため、リゾート内で全てを楽しむ滞在になります。ベトナム伝統建築様式を融合したデザインの31棟のゲストパビリオンと5棟のプライベートプールのあるアマンヴィラ。アマンスパ、ヨガ・パヴィリオン、ビーチクラブなど充実したレジャーファシリティも完備。プールはメインプールが海沿いのビーチククラブとメイン棟の隣には海を望むクリフプールがあります。レストランスペースもアマンならではのメニューと調度品で雰囲気を感じさせてくれます。

ミア リゾート ニャチャンー 王道の人気リゾート

ミア リゾート ニャチャンが、2011年9月1日にオープンしました。ニャチャン・カムラン空港から車で約15分、市内へは約25分に位置するビーチリゾート。「ミア」(Mia)は、リゾート内のサトウキビ(ベトナム語で「ミア」)に由来します。海からの斜面にヴィラタイプ(インドア55㎡~、アウトドア120㎡~)とビルディングのコンドミニアムタイプ(インドア40㎡、アウトドア30㎡)の広めの客室が全46室でガーデンビューとオーシャンビューがあります。

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンー 王道の人気リゾート

ヴィンパール ラグジュアリー ニャチャンが、2011年5月オープンしました。ニャチャン・カムラン空港から車で約40分、桟橋の施設でチェックインを済ませスピードボート約7分で到着。桟橋からはトラムでエントランスへ。全84 室の豪華なヴィラはベトナム建築様式を残しながらも豪華さとロマンティックな雰囲気を醸し出すネオクラシックスタイルで100㎡以上でプール付き。ビーチフロント18室、グランドヒルトップスイート15室、ヒルトップスイート20室、プールサイド6室、ガーデン24室、プレジデンシャルスイート1室。

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る