Beach & City Guide

Advertisements


コタキナバル マリオット ホテル オープン

Kota Kinabalu Marriott Hotel

コタキナバル マリオット ホテル

熱帯雨林と海に囲まれた自然の魅力満載のコタキナバルに、コタキナバル・マリオット・ホテルが、2018年7月12日にソフトオープンしました。マレーシア・サバ州の州都でボルネオ島の玄関口であるコタキナバルには世界遺産キナバル山のあるキナバル公園や、コタキナバルの街から対岸には国立海洋公園であるトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園があり、ガヤ島、サピ島、マヌカン島、マムティック島、スルグ島の5島からなる公園内はダイビングやシュノーケリングを楽しめるサンゴ礁の自然保護区域です。アクセスはボートで約20分と街からすぐ近くで美しい海を楽しむことが出来ます。コタキナバルの海岸沿いにはいくつかの高級リゾートホテルがあり、ビーチでのマリンアクティビティや珍しい動植物や素晴らしい自然を楽しめるトレッキングコースなどもあり、マレーシアでも有数の人気リゾートエリアです。


コタキナバル マリオット ホテルへのアクセスはコタキナバル国際空港から車で約15分で、コタ・キナバルの街の北側にあるトゥン・ファド・ステファン通り沿いに位置し、南シナ海のパノラマの景色が眼前に広がります。ダイニングやエンターテインメントの人気スポットであるウォーターフロントは、ホテルからわずかの距離になります。全332室の客室とスイートはスタイリッシュなインテリアで、ほとんどの客室からシービューを楽しめます。客室カテゴリーは、デラックスルーム、デラックスシービュー、プレミアシービュー、エグゼクティブクラブ、エグゼクティブスイート、オーシャンスイート、プレジデンシャルスイートなどになります。






ホテル内の施設としては屋外インフィニティプール、24時間フィットネスセンター、スパ、最大14,000平方フィートのミーティングスペースを併設しています。レストラン施設は、「Teppan Table」と「Big Fish」、終日営業のダイニングレストラン「Kitchen @ 8」やホテル最上階の南シナ海の素晴らしい景色を楽しめるエグゼクティブラウンジ「M Club」、屋上のスタイリッシュなバー「Stylo」などがあります。

Kota Kinabalu Marriott Hotel
コタキナバル マリオット ホテル

ADDRESS:Lot G-23A, Jalan Tun Fuad Stephens, Kota Kinabalu, Sabah 88000 Malaysia
TEL:+60 88-286 888
チェックイン時間:15:00  チェックアウト時間:12:00

公式サイト ■ コタキナバル マリオット ホテル



Kota Kinabalu Marriott Hotel
コタキナバル マリオット ホテル

マレーシア・ボルネオ島の豊かな歴史と伝統を持つ州都であるコタキナバルは、日本からの直行便もあり、ビーチリゾートとしても人気の旅行先です。「コタキナバル」のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなどの特集記事はこちらから。For more information

Travel – Kota Kinabalu / コタキナバル

熱帯雨林の大自然に囲まれたボルネオ島「コタキナバル」!

nexusresort

コタキナバル ベストシーズン

コタキナバル ベストシーズン 5月~8月 / 乾季 4月~9月
4月から9月の乾季は比較的に雨が少なく、10月から3月の雨季はモンスーン(季節風)の影響で比較的に雨が多いとされていますが、1月から4月の雨量は少なく、年間を通して暑い常夏の熱帯性気候のため、コタキナバル旅行の計画をたてるには比較的に雨季乾季はそれほど気にする必要はないと言われます。

-ツアー情報リンク-

◆ コタキナバル おすすめホテル10選!~Expedia
◆ コタキナバル ホテル予約~Agoda
◆ コタキナバル旅行なら【JTB】の海外ツアー

-人気のリゾートホテル-

nexusresort2
シティ派充実の高級大型リゾート!
◆ シャングリ・ラ タンジュンアル
ジャングルとビーチを満喫リゾートホテル!
◆ シャングリ・ラ ラサリアリゾート
素朴な雰囲気で美しいホテル!
◆ ネクサス・リゾート

 売り切れ必至な「出発直前」お得な海外ツアー!

<JTB お買得なアウトレット>

お値打ち価格!おすすめ海外旅行が満載。
売り切れゴメンなので、ご予約はお早めに!

< Expedia 直前予約>

出発直前や予約締切前を特別価格でご紹介!
急に休みが取れた人、必見のスペシャルプラン!



  RELATED POSTS
トップへ戻る