Beach & City Guide

Advertisements


インターコンチネンタル モルディブ マアムナガウ リゾート オープン

InterContinental Maldives Maamunagau Resort

インターコンチネンタル モルディブ マアムナガウ リゾート

モルディブのラー環礁(北マーロスマドゥル環礁)の南に位置するマムンアガウ(Maamunagau)島に「インターコンチネンタル モルディブ マアムナガウ リゾート」が、2019年9月1日にオープンしました。モルディブ共和国の首都マレのイブラヒム・ナシル国際空港から水上飛行機でのアクセスで、インターコンチネンタルでは初めてとなる全室クラブインターコンチネンタル仕様のリゾートになります。インド洋の青いパノラマの中で白い砂浜とヤシの木の島は、ユネスコ生物圏保護区の近くに位置する恵まれたロケーションにあります。






近隣にはモルディブ唯一のユネスコ エコパーク(生物圏保存地域)があり、保護区内のハニファル湾ではジンベイザメやマンタをシュノーケリングで遭遇出来たり、リゾートでは素晴らしい景観を眺めながらインフィニティプールやプライベートバーで優雅な時間を楽しむことができます。

客室カテゴリー

客室は全81室のビーチヴィラ、ラグーンヴィラ、水上ヴィラ、レジデンスがあります。

・ヴィラ 水上 (Sunrise Pool Villa)
・ヴィラ 水上 (Sunset Pool Villa)
・ヴィラ (Beach Pool Villa)
・ヴィラ 1 ベッドルーム 禁煙 (Sunset Pool Villa)
・ヴィラ 1 ベッドルーム (Sunset Pool Villa)
・ヴィラ 1 ベッドルーム
・ファミリー ヴィラ 2 ベッドルーム

・ファミリー ヴィラ 2 ベッドルーム
・ロイヤル ルーム 3 ベッドルーム ビーチフロント (Residence)
・ルーム 3 ベッドルーム 水上 (Residence)
・ヴィラ 2 ベッドルーム 水上
・ファミリー ヴィラ ダブルベッド 1 台
・ルーム 2 ベッドルーム ビーチフロント (Residence)
・ルーム 3 ベッドルーム (Residence)






The Retreat(ザ リトリート)、Café Umi(カフェ ウミ)、Fish Market(フィッシュ・マーケット、The Lighthouse(ザ・ライトハウス)、The Collective(ザ・コレクティブ)、Sunset Bar(サンセット・バー)など6つのレストラン&バーがあり、水上トリートメントヴィラのあるAVI Spa(AVIスパ)やヨガパビリオン、フィットネスセンターなどの充実した施設になります。

インド洋に浮かぶ26の環礁で1200以上の島からなる「モルディブ」。1島1リゾートと言われ、美しい海を楽しみながら水上ヴィラに宿泊し、ラグジュアリーなビーチリゾートを楽しめる「モルディブ」のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなどの特集記事はこちらから。For more information

Travel – Maldives / モルディブ

エメラルドブルーの海と豊かな自然が魅力!

six_senses_laamu16

モルディブ ベストシーズン

モルディブ ベストシーズン 1月~4月 / 乾季 11月~4月
モルディブは平均気温は一年中それほど変わらず、26~33度。11月~4月が乾季で、北東モンスーンの爽やかな気候。その中でも1月末~4月中旬がベストシーズン。雨季の5月~10月には雨が降り続くことは少ないですが、服装は年中、夏の服装になります。

-ツアー情報リンク-

◆ モルディブ おすすめホテル10選!~Expedia
◆ モルディブ~ホテル予約~Agoda
◆ モルディブ旅行なら【JTB】の海外ツアー

-モルディブ 人気ホテル-


モルディブで人気のエレガンスリゾート!
◆コンスタンス ハラヴェリ リゾート
バァ環礁のリーフの美しいリゾート!
◆デュシタニ モルディブ
南アリ環礁で評判のリゾート!
◆ミリヒ アイランド リゾート

- POPULAR TOPICS -
モルディブという名は「島々の花輪」という意味でサンスクリット語のMala(花輪)とDheep(島々)になります。上空から見ると紺碧の海の中にエメラルドグリーンの環礁が広がり、花輪のように美しい光景が広がり、モルディブは島が海に完全に沈んだあと、リーフだけがドーナツ状に残され、26の環礁として残りました。
モルディブは首都マーレの近くの空港の島フルレ島にあるマーレ・フルレ国際空港を目指します。直行便は現在はなく、成田からはスリランカ航空利用のコロンボ乗継ぎ、シンガポール航空利用のシンガポール乗継ぎ、もしくはマレーシア空港利用のクアラルンプール乗継ぎ、 バンコク・エアウェイズ利用のバンコク乗継ぎが一般的です。


  RELATED POSTS
トップへ戻る