Beach & City Guide

Advertisements


パンコール島旅行 基本情報

パンコール 基本情報

【パンコールへのアクセス】
日本からは東京(成田/羽田)・大阪(関空)の2都市からクアラルンプール(所要時間は7時間30分)経由となり、クアラルンプールより国内線のKLスバン空港からベルジャヤ航空が週4便程度運航しており、パンコール空港まで約40分で、空港から車で約10分となります。

また陸路ではクアラ・ルンプール市内からルムッまで車や高速バスで約4~5時間で移動し、ルムッ・フェリー乗り場からフェリー(約30分)が、パンコールへ就航しています。

 パンコールの言語 

公用語はマレー語。中国系住民では中国語、インド系住民ではタミール語も使用。英語教育の水準は高く、旅行では英語が主体。

 パンコールとの時差 

日本との時差は-1時間。マレーシアの方が遅れています。夏時間はありません。

 パンコールの通貨 

マレーシアのお金はリンギット。1リンギット30円前後。物価は日本の3分の1程度。

 パンコールでの両替 

両替はマレーシア国際空港が有利。また、チャンギ国際空港も日本よりは有利だが、英語が必要。ホテルでの両替は非常に損なレート。

 パンコールでのチップ 

チップの制度は無いが、欧米人はやっている人はいるので気持ちが良いサービスを受けた時はしても良いのでは。

 パンコールでの喫煙・飲酒 

喫煙については、基本的に制約を受けることは少ない。一部の建物では禁煙のところもあるが、概ね喫煙に理解が得られる環境にある。マレーシアはイスラム教国だが、一般のホテル、レストランなどでの飲酒は問題ありません。

 パンコールの電圧 

マレーシアの電圧は220V(日本は100V)で、コンセントはホテルではBFタイプが多く、周波数は50Hz。日本製品は変圧器と変換プラグが必要になります。

 パンコールの交通 

基本的にはタクシーになります。乗用車タイプとワゴンタイプがあり、メーターは無く区間で料金が決められています。

パンコール 気候の特徴
パンコール島の乾季は10~4月頃となり、ベストシーズンは12~2月頃となります。年間の雨量は多いエリアです。雨季は5月~9月頃で南西モンスーンの影響を受けますが、月間降雨量は年間を通してそれほど変わりません。 ただ雨季でも一日中雨が降り続くことはなく、スコールと晴れ間が交互に続きます。
ベストシーズンの見方 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
パンコール ベストシーズン  12月~2月 / 乾季 10月~4月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 sun sun sun-cloud sun-cloud sun-cloud cloud
平均最高気温(℃) 31 32 32 32 33 33
平均最低気温(℃) 23 23 24 24 24 24
降水量(MM) 152 158 173 217 172 113
雨の日数 12 11 14 17 16 12
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 cloud cloud cloud sun-cloud sun-cloud sun
平均最高気温(℃) 32 32 32 32 31 31
平均最低気温(℃) 23 23 23 23 23 23
降水量(MM) 130 145 196 287 280 212
雨の日数 14 16 20 23 22 18

マレーシア 基本情報

国名 マレーシア
Malaysia
国旗 MY
時差 GMT+8 (日本より1時間遅れている)
危険度
(事前確認⇒)
地域により注意を
外務省ホームページ
国歌 我が国 / Negaraku
面積 約33万K㎡(日本の約90%)
人口 約2996万人(2013年)
首都 クアラルンプール
政体 立憲君主制、議院内閣制。
民族構成 マレー系67%、中国系25%、インド系7%、他1%
宗教 国教はイスラム教。ほかに仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など。

リゾートTOP パンコール パンコール基本情報 パンコール新規オープンホテル

  RELATED POSTS

Advertisements

Advertisements


トップへ戻る