Beach & City Guide

Advertisements


タヒチ島旅行のベストシーズン

Tahiti Island  / タヒチ島 

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

フランス領ポリネシアは南太平洋に浮かぶ118の島々からなり、世界に名だたる南太平洋有数のリゾート地として知られています。タヒチはポリネシアへの玄関口となり、タヒチ島の北西にある首都パペーテは、19世紀のフランスでゴッホやセザンヌと同時期に活躍した画家ボール・ゴーギャンが楽園を求めて過ごした街として知られています。

ポリネシアの玄関口「タヒチ島」

タヒチ・ファアア国際空港もタヒチ島に位置します。古代ポリネシアの神が創造したという伝説を感じさせてくれる島々へのアクセスは、タヒチ島の首都パペーテからとなり、シンボル的なオテマヌ山の景観で知られる「ボラボラ島」、イルカと触れ合えるハート型の可愛い島「モーレア島」、ダイビングで人気の「ランギロア島」、未知の世界を体感できる「イースター島」など珊瑚礁が取り巻く島々になります。

南太平洋に浮かぶ憧れのフレンチリゾート

タヒチ島は大小の二つの島がヒョウタンのような形をしており、大きい方がタヒチ・ヌイ、小さい方がタヒチ・イティになります。フランス文化の影響を受けた港町でホテル、レスランなども多く、自然と街を両方楽しめるタヒチ訪問の観光客が必ず訪れる島になります。タヒチ島の最高峰は標高2,241 mにも及ぶオロへナ山。島の周囲をサンゴ礁が取り巻き、火山島特有の黒い砂浜が多いのが特徴です。年間を通して温暖な気候に恵まれ、眩しく降り注ぐ太陽、美しいラグーンや神秘的な山々、美しい花々、満天の星々などの豊かな自然が魅力で南太平洋に浮かぶ憧れのフレンチリゾートです。

 タヒチ旅行のベストシーズン
bestseason

bestseason

タヒチ 気候の特徴

南太平洋のポリネシアに浮かぶタヒチは、赤道に近いことから常夏で高温多湿の亜熱帯性気候に属します。年間の平均気温は約27℃、海水の平均温度が26℃となり、年間を通じて温暖な気候です。タヒチは南半球に位置するため、日本とは季節が逆になりますが、季節としては乾季と雨季に分けられ、4月から11月が冬の乾季で、12月から3月が夏の雨季となります。年間を通して太平洋から吹いてくる貿易風のおかげで、からりとした爽やかな気候となり、海で泳ぐことが年中可能なビーチリゾートエリアです。日本から遠いタヒチを旅行するならば、太陽が燦々と輝いてこそ最高に素晴らしい海や空や花を見ることのできるので、その可能性の高い乾季の時期に行くことをお勧めします。

タヒチの乾季(4月~11月)

4月から11月が乾季で少し気温が下がりますが、気温は21~27℃で最高気温は28℃前後と過ごしやすい時期となります。ベストシーズンは天候が安定して晴れた日の多い5月から10月頃になり、常夏の島ならではの雰囲気と美しい南国の自然を楽しむことができるシーズンです。季節的には冬にあたり、朝夕や夜などはやや涼しくなるため、肌寒く感じることがあります。タヒチ最大のお祭り「Heiva I Tahiti ヘイヴァ・イ・タヒチ」が6月末から7月にかけて約1か月間行われ、タヒチアンダンスなどダンスや音楽や歌の祭典が繰り広げられます。

タヒチの雨季(12月~3月)

12月から3月は雨季にあたり高温多湿で気温は27~30℃と蒸し暑い時期になります。タヒチの雨季は真夏となるため、木々の緑が濃くなり、南国の花が咲き誇り、トロピカルフルーツが美味しい南太平洋らしい気候となります。この期間はタイミングによってはサイクロンの発生もあるため、ツアー価格が安い時期でオフシーズンとされます。またスコールは乾季も雨季も年中降りますが、雨季でもスコールが30分以上降り続くことはあまりありません。タイミングによっては太陽が燦々と輝く天気の日もあるため、タヒチの雨季は他の地域に比べ、特に運に左右されるかもしれません。

タヒチでの服装など

タヒチでは、年間を通して日中は基本的に日本での夏の服装で大丈夫ですが、雨が降った時や朝晩に肌寒くなることもありますので薄手の長袖や軽く羽織れる上着があると良いでしょう。また日差しが強い為、帽子やサングラスなどを紫外線対策として上手に使いましょう。あまり肌を焼きたくない方は、日焼けや紫外線対策としてUV対策グッズや薄手の長袖などで対応が必要となります。屋外との気温差がありますので冷房が効いた室内では薄手の長袖や軽く羽織れる上着などがあると便利ですので臨機応変に対応できるように準備しましょう。

ベストシーズンの見方 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
タヒチ ベストシーズン  5月~10月 / 乾季 4月~11月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 cloud cloud cloud sun-cloud sun sun
平均最高気温(℃) 30 30 31 31 30 29
平均最低気温(℃) 23 24 24 23 23 21
降水量(MM) 314 235 188 134 100 61
雨の日数 16 16 17 10 10 8
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 sun sun sun sun-cloud cloud cloud
平均最高気温(℃) 28 28 29 29 30 30
平均最低気温(℃) 21 21 21 22 23 23
降水量(MM) 67 47 49 86 154 299
雨の日数 5 6 6 9 13 14
タヒチ 基本情報 

タヒチ島 アクセス

タヒチ(フランス領ポリネシア)は南太平洋のほぼ中央に位置し、東京からの距離は約9,500kmでエア タヒチ ヌイのノンストップ・フライトが就航おり、成田から直行便で行けるリゾートです。成田からパペーテ・タヒチ国際空港までの飛行時間は約11時間。夕方に日本を出発すれば、タヒチの朝に到着します。また乗り継ぎの場合多いのは、ホノルルからタヒチへ約5時間50分で週1便就航や、ロサンゼルスからタヒチへ約8時間30分で毎日就航、オークランドからタヒチへ約5時間で週6日就航などを利用することでタヒチ島までアクセスできます。
タヒチ基本情報


タヒチ島 人気のホテル

インターコンチネンタル リゾートは、タヒチ島の北西のラグーンに面しており、タヒチの玄関口であるファアア国際空港から車で約5分、パペーテまで車で約15分という便利な立地にあり、全245室の客室を持つタヒチ島で最も格式のあるリゾートホテルになります。

InterContinental Resort Tahiti
インターコンチネンタル リゾート タヒチ

ADDRESS:B.P 6014, 98702 Tahiti, French Polynesia
TEL: + (689) 40 86 51 10


InterContinental Resort Tahiti
インターコンチネンタル リゾート タヒチ


Moorea Hilton Resort
南太平洋有数の世界的リゾートであるフランス領ポリネシア「タヒチ」。最後の楽園として知られるタヒチ旅行のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなどの特集記事はこちらから。For more information

Travel – Tahiti / タヒチ

南太平洋に浮かぶ憧れのフレンチリゾート!

InterContinental Thalasso-Spa Bora Bora

タヒチ ベストシーズン

タヒチ ベストシーズン  5月~10月 / 乾季 4月~11月
南太平洋のポリネシアに浮かぶタヒチは、赤道に近いことから常夏で高温多湿の亜熱帯性気候に属します。年間の平均気温は約27℃、海水の平均温度が26℃となり、年間を通じて温暖な気候です。タヒチは南半球に位置するため、日本とは季節が逆になり、4月から11月が冬の乾季で、12月から3月が夏の雨季となります。

-ツアー情報リンク-

◆ タヒチ おすすめホテル10選!~Expedia
◆ タヒチ旅行ガイド~TripAdvisor
◆ タヒチ旅行なら【JTB】の海外ツアー

-タヒチ 人気ホテル-

Le Meridien Tahiti
ボラボラ島で人気の新しいリゾート!
◆コンラッド ボラボラ ヌイ リゾート
タヒチ島でエレガンスなリゾートライフ!
◆インターコンチネンタル リゾート タヒチ
フレンチなソフィテルでモーレア島リゾート!
◆ソフィテル モーレア イア オラ ビーチ リゾート

- POPULAR TOPICS -
タヒチの気候の特徴は亜熱帯性気候に属し、年間の平均気温は約27℃、海水の平均温度が26℃となります。4~11月が乾季で気温は21~27℃で過ごしやすい時期となります。12~3月は雨季にあたり高温多湿で気温は27~30℃と蒸し暑くなります。タヒチの雨季は真夏にあたり、緑が色濃く花が咲き乱れる南太平洋らしい時期となります。
タヒチのあるフランス領ポリネシアは南太平洋に浮かぶ世界に名だたるリゾートエリアとして知られています。眩しく降り注ぐ太陽、美しいラグーンや神秘的な山々、美しい花々、満天の星々などの素晴らしい自然が魅力の憧れのフレンチリゾート「タヒチ」に泊まるならココ!人気のホテルでビーチリゾートを楽しみましょう。
  RELATED POSTS

トップへ戻る