昆明(コンメイ) 観光のベストシーズン

春の都、花の都ともよばれる昆明(コンメイ)は中国の雲南省の省都で雲貴高原の中央部に位置します。海抜は 1,891 メートルで三方を山に囲まれ、南は滇池と呼ばれる大湖に面し、滇池の西は西山森林公園になっています。南東に石林というカルスト地形の景勝地もあります。

鼓浪嶼(コロンス)島 観光のベストシーズン

鼓浪嶼(コロンス)島は、中国の福建省廈門市にある島です。廈門市は台湾海峡を隔てて台湾を臨む港湾都市で、以前はアモイという名で知られ、1842年から1912年までイギリス租界の港でした。コロンス島(鼓浪嶼)は14か国の共同租界地となり、領事館が置かれ、旧日本領事館、オランダ領事館、スペイン領事館、イギリス領事館がまだ残っています。他国の影響も受けつつ独自の建築文化を発達させたことが評価され、2017年に世界遺産となりました。

黄山(コウザン) 観光のベストシーズン

黄山(コウザン)は四季のどの季節でも異なる風景を見せてくれます。黄山(コウザン) 観光のベストシーズンは、夏場の7月から9月ぐらいで美しい雲海を楽しめます。冬のシーズンでは雪が積もった奇岩や断崖絶壁の山々が織りなす世界は、まるで本物の水墨画のようだとも言われています。

桂林(ケイリン) 観光のベストシーズン

桂林(ケイリン)の気候は、温暖湿潤気候になり、年間の平均気温は約19度、年間の降水量は約1900ミリです。11月から3月までは乾季になり、4月から10月までは雨季になります。桂林観光のベストシーズンは、季節では春と秋になりますが、日本と同じように梅雨があり、雨の風情ある漓江の景色は水墨画のような景色を見せてれます。

台南 観光のベストシーズン

台南には日本のようにはっきりとした四季はありませんが、夏が雨季となり、冬は乾季になり、その間に短い春と秋の時期があります。冬期でも比較的に温暖な10月から4月までが観光のベストシーズンになります。気温が高いのは雨季の夏にあたる6月から8月でスコールも多くなります。

アジア 観光のベストシーズン

アジアへの海外旅行はベストシーズンに行きましょう!太陽の光で街や自然は本来の美しい姿を見せてくれます。 海外の旅行に出かけて雨の日や曇りの日ばかりで観光が楽しめなかったり、1日の中で気温の差があったり、室内や車内の冷房が効きすぎで困ったりといった経験もあるかもしれません。楽しい思い出に残る旅行にするためにベストシーズンの気温や降水量、服装などを調べましょう。ゴールデンウィークや夏休み、正月休みなどの大型連休にどの国や都市がベストシーズンで観光におすすめなのでしょう?

海外旅行 観光のベストシーズン

海外旅行はベストシーズンに行きましょう!太陽の光で街や自然は本来の美しい姿を見せてくれます。 海外の旅行に出かけて雨の日や曇りの日ばかりで観光が楽しめなかったり、1日の中で気温の差があったり、室内や車内の冷房が効きすぎで困ったりといった経験もあるかもしれません。楽しい思い出に残る旅行にするためにベストシーズンの気温や降水量、服装などを調べましょう。ゴールデンウィークや夏休み、正月休みなどの大型連休にどの国や都市がベストシーズンで観光におすすめなのでしょう?

シックス センシズ ウルワツ バリ オープン

バリ島の最南端にあるウルワツに「シックスセンシズ ウルワツ バリ」が、2018年8月にオープンしました。インド洋へと広がるパノラマを見渡す壮観な景観を望むロケーションで静かな落ち着いた雰囲気を持つリゾートです。シックスセンシズの魅力は紺碧の海、深緑の森、素晴らしい景観など美しい豊かな自然に佇むロケーションであり、世界で展開される人気のラグジュアリーリゾートです。

日本観光のベストシーズン

日本政府観光局(JNTO)の発表によると2018 年の訪日外客数は、3,000万人を突破し、過去最高の記録となったことが分かりました。訪日外国人の数も年々増加中の日本の観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

中国観光のベストシーズン

中華人民共和国は、古代からの歴史と広大な国土を持ち、世界遺産である万里の長城など世界でも有数の人気観光スポットがたくさんあります。中国には上海、北京、大連といった大都市をはじめ、歴史的な遺跡のある成都や西安、美しいな大自然が広がる武陵源、九寨溝、黄龍など自然や都市での観光を最大限に楽しむため、ベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

台湾観光のベストシーズン

週末にも行ける台湾は、近くて食事も美味しく、グルメ、お買い物、温泉まで楽しめる人気の観光国です。夜市でB級グルメ、「千と千尋の神隠し」の世界を味わえる九份(きゅうふん)、台湾きっての景勝地、日月潭など人気のスポットがたくさんです。南部の台湾第二の都市、高雄や台南も台北と異なる魅力があり、中華風建築やエネルギッシュな街を楽しむための観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

香港観光のベストシーズン

香港は中国南東部にある特別行政区で、以前はイギリスの植民地でした。世界三大夜景に数えられる香港の夜景は人気が高く、観光、グルメやショッピングなど魅力あふれる街を楽しむための観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

韓国観光のベストシーズン

韓国は日本からのフライトで1~2時間程度ということで2泊3日の週末旅行にも人気の海外旅行先です。ソウルやプサンンでの観光地やショッピング、済州島のリゾートなど各都市を楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ラオス観光のベストシーズン

ラオスは東南アジアのインドシナ半島に位置する国で、首都はヴィエンチャンです。中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマーと国境を接する内陸国で、東南アジアで最長のメコン川がラオスを貫いて流れています。観光としては仏教寺院やフランス植民地時代の建築物、山岳民族の集落などで知られています。ラオスの気候はモンスーンの影響で5月から11月にかけては雨季、12月から4月までが乾季になります。ラオスの観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

モンゴル観光のベストシーズン

モンゴルは、東アジアの北西部に位置する国で、中国・内モンゴル自治区、中国・新疆ウイグル自治区、ロシアとそれぞれ国境を接する内陸国で首都はウランバートルです。モンゴルのイメージとして大草原や遊牧民といった大自然を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

モルディブ観光のベストシーズン

モルディブはインド洋に浮かぶ南北に約820km、南西に約130kmにわたる26の環礁を含む1200以上の島からなり、首都はマーレで北マーレ環礁の最南端にあり、1島1リゾートと言われるホテルでは、各リゾートそれぞれに個性があります。モルディブの気候は高温多湿の熱帯性気候で、年間を通して平均気温が26℃から33℃と暖かく、1月末~4月上旬がビーチリゾートでのベストシーズンになります。モルディブを楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ミャンマー観光のベストシーズン

ミャンマー(旧ビルマ)は、東南アジアのインドシナ半島西部に位置し、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接しています。世界三大仏教遺跡のひとつ「バガン遺跡」や避暑地であるインレー湖など各都市を楽しむため、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

マレーシア観光のベストシーズン

マレーシアは、東南アジアの国でマレー半島南部とボルネオ島北部が領土があり、タイ、インドネシア、ブルネイと国境を接しており、シンガポール、フィリピンと海を隔て対岸に位置します。マレーシアは赤道近くに位置しる熱帯気候の国で、年間を通して夏の気候ですが、国土が東西に広いため、乾季や雨季の時期が地域によって異なります。ペナン島やボルネオ島、ランカウイ島などのビーチリゾートも有名です。マレーシアの観光に最適なベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

マカオ観光のベストシーズン

マカオは中国広東省の珠江の下流域に位置し、香港からは南西に70km離れており、中国本土の南海岸のマカオ半島と、沖合いの島から構成されます。「東洋のラスベガス」ともいわれているカジノが有名で、ポルトガルの領土であったことから8つの広場と22の歴史的建造物がマカオ歴史地区という名前でユネスコの世界遺産(文化遺産)になっています。マカオの観光に最適なベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

ベトナム観光のベストシーズン

ベトナム観光として人気の都市は首都ハノイと経済発展目覚ましいホーチミンという2つの大都市を始め、ベトナム最後の王朝が都を置いた古都フエ、16~17世紀に港町として日本人町もあったホイアンやビーチリゾートのダナン、ナチャンや世界遺産のハロン湾クルーズやヘルシーなベトナム料理も人気です。人気の都市の多いベトナムの国土は、南北に約1,200kmと細長いため、北部、中部、南部で多少異なる気候になります。各都市の観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ブルネイ観光のベストシーズン

ブルネイの正式名称は、ブルネイ・ダルサラーム国で東南アジアのマレーシアのボルネオ島北部に位置ます。石油や天然ガスなどの資源を多く埋蔵しており、アジアではシンガポールに次ぐ高所得国になります。ブルネイの気候は熱帯雨林気候になり、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ブータン観光のベストシーズン

ブータン(ブータン王国)はヒマラヤ山脈の東端にある仏教王国で、2011年に国王夫妻が日本に国賓として来日され、世界一幸福度が高い国と表現されたことでも知られています。南アジアの国になり、中国、インドと国境を接しており、首都はブータン最大の都市であるティンプーです。各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

フィリピン観光のベストシーズン

フィリピンは、ルソン島・ビサヤ諸島・ミンダナオ島などを中心に7,000を超える島々からなり、東にはフィリピン海、西には南シナ海、南にはセレベス海が広がります。観光の中心は首都マニラの混沌さと美しい海と景観を望むビーチリゾートが中心になり、フィリピン国内には、世界自然遺産やラムサール条約で保護されたエリアもあり、秘境といわれるパラワン諸島、ルソン北部、ミンダナオ島なども近年、注目されていますが、治安面からもリゾートとして確立されたセブ、ボラカイ、エルニドなどがおすすめのリゾートエリアとなります。各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ネパール観光のベストシーズン

ネパールは、東、西、南の三方をインドに、北方を中国チベット自治区に接した内陸国で、世界最高峰のエベレスト(サガルマータ)を含むヒマラヤ山脈があり、ヒマラヤ登山の玄関口としての役割を果たしています。また首都カトマンズには、ヒンドゥー教や仏教を中心とした宗教寺院が数多くあり、ネパール最古の仏教寺院「スワヤンブナート」やネパール最大のヒンドゥー教寺院でシヴァ神を祭る「パシュパティナート」などが人気です。各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

トルクメニスタン観光のベストシーズン

トルクメニスタンは、中央アジア南西部に位置する国で、西側でカスピ海に面し、東南がアフガニスタン、西南にイラン、北東をウズベキスタン、北西はカザフスタンと国境を接しており、首都はアシガバートです。カラクム砂漠が国土の85%を占めており、砂漠の下には天然ガスなどの天然資源が豊富な国です。夏と冬の寒暖の差、日中と夜間の寒暖の差が激しいため、各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

タジキスタン観光のベストシーズン

タジキスタンは、中央アジアに位置する国で首都はドゥシャンベです。内陸国でアフガニスタン、中国、キルギス、ウズベキスタンと国境を接しています。国土の大半が山岳地帯で、国土の半数が標高3000m以上で、首都のドゥシャンベの標高は700~800mほどです。各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

スリランカ観光のベストシーズン

スリランカ国内には全部で8つの世界遺産があり、欧米では多様さを持った魅力あふれる観光国として注目されています。首都はスリジャヤワルダナプラコッテで旧首都のコロンボから南東に約10kmに位置します。スリランカ観光としては、中心都市コロンボや世界遺産の「シーギリヤロック」や「ダンブッラの黄金寺院」は是非訪れたいスポットです。各都市を楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

シンガポール観光のベストシーズン

シンガポールは、緑と花が豊かな街並みにショッピングやグルメ、複合リゾートとして開発されたマリーナベイサンズのカジノや様々な観光スポットが充実した人気の海外旅行先です。各都市を楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

キルギス観光のベストシーズン

キルギスは、中央アジアに位置する内陸国で、カザフスタン、中国、タジキスタン、ウズベキスタンと国境を接しており、首都はビシュケク(旧名フルンゼ)です。中国と地中海を結ぶ古代の貿易ルートとして知られるシルクロード沿いにあり、自然や街など観光を最大限に楽しむため、ベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

カンボジア観光のベストシーズン

カンボジアは熱帯モンスーン気候のエリアで、乾季と雨季の大きくふたつの季節があり、シェムリアップやプノンペンへの旅行に良い時期は乾季の11~5月で、雨も少なく比較的過ごしやすい気候です。カンボジア観光では世界遺産アンコールワットや美しいビーチや自然など観光を最大限に楽しむため、ベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

カザフスタン観光のベストシーズン

カザフスタンは中央アジアに位置し、ロシア、中国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンとそれぞれ国境を接しています。カスピ海、アラル海に面しており、首都はヌルスルタン(アスタナ)、最も大きい都市はアルマトイになります。各都市を楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

ウズベキスタン観光のベストシーズン

ウズベキスタンの気候は大陸性気候であり、降水量は年間100~200mmと非常に少なく、夏季の平均最高気温は約40°Cと高く、冬の平均最低気温は約-23°Cと非常に寒くなり、年間の気温差は非常に激しい地域になります。各都市を楽しむために、観光のベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

インドネシア観光のベストシーズン

インドネシア観光では首都であるジャカルタやビーチリゾートで有名なバリ島、ユネスコの世界遺産である世界最大級の仏教寺院・ボロブドゥールのあるジャワ島など人々を魅了する観光エリアがたくさんあります。美しい都市や自然など観光を最大限に楽しむため、ベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

インド観光のベストシーズン

インドは、ヒマラヤに近い北側から南の熱帯性の気候エリアまで幅広い地域があり、気候も異なります。インドの首都デリーやアグラなどの北部やムンバイなどの西南部、デカン高原にあるバンガロール、コルカタなどの東海岸エリアなど一般的にインド観光のベストシーズンは、乾季の11月から2月で雨も少なくなり、気温も25度前後となります。各都市を楽しむために、観光を楽しむためのベストシーズンや気候を調べて旅へ出かけましょう。

タイ観光のベストシーズン

微笑みの国としても知られるタイは、世界的に人気の観光国です。タイには、アジアシティとして有名なバンコク、アユタヤやスコータイなどの世界遺産、プーケットやサムイなどの美しいビーチなど人気の都市が目白押しです。各都市を楽しむために、観光やビーチでのベストシーズンや気候はどうなのでしょう?

プレミア レジデンス フーコック エメラルド ベイ オープン

ベトナムで人気のリゾートアイランド「フーコック島」。カラフルで現代的なリゾートデザインのプレミアレジデンスフーコックエメラルドベイマネージド by アコーホテルズ(Premier Residences Phu Quoc Emerald Bay managed by AccorHotels)が、フーコックで最も美しいビーチと言われるケムビーチに2018年12月オープンしました。フランス・パリを本拠とする世界規模で展開するホテルチェーンのアコーホテルズによって運営されているリゾートで、全745室の客室を備えたエメラルドベイの広大な景色を望むロケーションです。

ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート オープン

モルディブのガーフアリフ環礁にラッフルズ ホテル&リゾートが「ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート」を2019年2月にオープンしました。ラッフルズは、フェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル(カナダ・トロントに本社)のホテルブランドで、フェアモント・ホテルズ・アンド・リゾーツ、ラッフルズ・インターナショナル、スイスホテルの3ブランドを持ち、世界中にホテル・リゾートを展開しています。ラッフルズのプライベートプールのある贅沢なヴィラで、専属バトラーサービスのある贅沢な滞在をいかがでしょう。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古 オープン

沖縄の宮古諸島にある伊良部島(いらぶじま)に「イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」が、2018年12月19日にオープンしました。森トラストの新しい高級ホテルブランド「SUI(翠、スイ)」と、マリオット・インターナショナルのラグジュアリーカテゴリーのホテルブランド「ラグジュアリーコレクション」のダブルブランドホテルとなり、京都に続き日本で2軒目となります。

プランテーション ベイ リゾートアンドスパ(セブ)ー 王道の人気リゾート

セブのマクタン島にあるリゾートホテル、プランテーション ベイ リゾートアンドスパは、フィリピンで唯一の海水ラグーンを広大な敷地内に持つデラックスリゾートです。ビーチフロントの1.4ヘクタールの東京ドーム2個分程の敷地内に複数のプールや洞窟や噴水、岩の間を滑るウオータースライダーが点在しており、客室棟はラグーンを取り囲むように建っています。

ジェイパーク アイランドリゾート&ウォーターパーク セブー 王道の人気リゾート

フィリピンの人気リゾートエリアであるセブのマクタン島にジェイパーク アイランドリゾート&ウォーターパーク セブはあります。セブ国際空港から約20分、ビーチフロントの8ヘクタールという広大な敷地内に5つのプールやウォータースライダーが3種類、敷地内にはカジノもあり、客室はスイートやヴィラタイプを含む全568室の客室数を持つデラックスホテルです。

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート(セブ)ー 王道の人気リゾート

セブの有名なビーチリゾートエリアであるマクタン島で人気のカジュアルリゾート「ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート」。開放感のあるオープンエアーのロビーや茅葺き屋根のコテージタイプの客室は、リゾート気分を感じさせてくれます。

ベルモンド ラ サマンナー憧れのホテルリゾート

カリブ海のセント・マーチン島にあるベルモンド ラ サマンナは2018年12月10日に再オープンしました。ベルモンド ラ サマンナは、セント・マーチン島北側のフランス領に位置し、島内でも最も美しいといわれる白砂のビーチを持つロケーションにあり、エレガントなヨーロッパ料理やスパオアシスを楽しめるセント・マーチン島でも有数の高級リゾートになります。

セント・マーチン島 旅行のベストシーズン

カリブ海のオランダ領リーワード諸島にあるセント・マーチン島。セント・マーチン島の北側はフランス領、南側はオランダ領に分割されており、フランス語・オランダ語でそれぞれサン・マルタン(仏: Saint-Martin)、シント・マールテン(蘭: Sint Maarten)と呼ばれています。この島が世界的に有名になったのは、南部に位置するプリンセス・ジュリアナ国際空港に起因しており、狭小な砂州上にある約2.5㎞の滑走路へ大型ジェット機がビーチ上を離着陸することで有名です。

ザ ロイヤル アット アトランティス オートグラフ コレクション ー王道の人気リゾート

アトランティス パラダイス アイランド内にある4つのホテルで最高級グレードのザ ロイヤル アット アトランティス オートグラフ コレクション。アトランティス パラダイス アイランドは、古代都市「アトランティス」をイメージしたバハマでもっとも有名なテーマパークリゾートです。

バハマ 旅行のベストシーズン

年間を通じて温暖でマリンスポーツが楽しめるバハマ諸島の気候は、海洋性亜熱帯気候で1年を通じて温暖な気候の地域です。バハマ諸島には乾季と雨季の2つの季節があり、大きく分けると乾季にあたるのは12月から4月で、雨季は5月から11月となります。バハマ諸島の平均気温は12月から4月にかけての乾季が約21℃で、5月から11月の雨季が約27℃です。最高気温は夏に約32℃、最低気温は1月に約18℃ぐらいになり、雨量は年間約1300mmぐらいで、その多くは夏に降ります。

ザ アプルヴァ ケンピンスキー バリ オープン

インドネシア・バリ島で人気のリゾートエリアであるヌサドゥアに「ザ アプルヴァ ケンピンスキー バリ」が、2019年2月にソフトオープンしました。ドイツの高級ホテルチェーンとして世界的に有名な「ケンピンスキ」が、インドネシアのバリ島へ初進出しました。

ヒルトン ダナン オープン

日本でも人気のリゾート地として注目を浴びているベトナム中部のダナンに「ヒルトン・ダナン」が、2018年12月20日に開業しました。ダナン市内の中心部のハン川橋から近いバクダン通りに位置し、28階建て223室の客室を備えたヒルトンのフルサービス・ホテルになります。

ハイアット リージェンシー バリ オープン

インドネシア・バリ島のサヌールにハイアット リージェンシー バリが、2018年12月20日にオープンしました。1973年にバリ島最初のインターナショナルなホテルとして、サヌールのシンボル的な存在だったバリ ハイアットが約5年間の改装を経て、ハイアット リージェンシー バリに生まれ変わりました。

モーベンピック リゾート クレディヴァル モルディブ オープン

世界中のハネムーナーやツーリストが憧れるモルディブでのリゾート滞在。そのモルディブの首都マレから北に約150Kmのヌーヌ環礁クレディヴァル島に「モーベンピック リゾート クレディヴァル モルディブ」が、2018年12月19日にオープンしました。環礁に囲まれた美しい自然の中で、白い砂浜、ターコイズブルーのラグーン、熱帯魚やカラフルなサンゴ礁を素晴らしいリゾートで楽しむことが出来ます。

ウェスティン モルディブ ミリアンドゥー リゾート オープン

モルディブのバア環礁ミリアンドゥ島に「ウェスティン モルディブ ミリアンドゥー リゾート」がソフトオープンしており、2019年2月にグランドオープン予定です。マリオットインターナショナルのモルディブ初のウェスティンリゾートで、世界的に有名なユネスコの生物圏保護区域であるモルディブのバア環礁中心部のミリアンドゥ島に位置します。首都マレのフルレ島にあるヴェラナ国際空港から水上飛行機で約40分、またはダーラヴァンドゥー空港への国内線でアクセスした後、スピードボートで約20分でアクセス可能です。

クダドゥー モルディブ プライベート アイランド オープン

モルディブのラヴィヤニ環礁にクダドゥー モルディブ プライベート アイランドが、2018年12月26日にオープンしました。モルディブマレ国際空港から水上飛行機で約40分のアクセスで、ラグジュアリーな15の広大な海辺のオーシャンレジデンスが用意されています。

ソラス ラグジュアリーコレクションリゾート ロスカボス オープン

マリオット・インターナショナルが、カリフォルニアの南のメキシコ、ハバカリフォルニア半島最南端ロス・カボスに「ソラス,ラグジュアリーコレクションリゾート,ロスカボス」を2018年9月1日にオープンしました。ロケーションはカボ・サン・ルーカスとサン・ホセ・デル・カボの中間に位置し、素晴らしい自然の風景を持つバハ・カリフォルニア半島で初めてのラグジュアリーコレクションホテルになります。マリオット・インターナショナルが展開するラグジュアリーコレクションは、世界的に最高クラスとされるホテルやリゾートを30を超える国と地域に100軒以上持つホテルブランドです。

ケープ ファーン ホテル サムイ オープン

タイ・サムイ島の高級リゾートが立ち並ぶ閑静な北東海岸沖のプライベートアイランドにケープ ファーン ホテル サムイが、2018年8月15日にオープンしました。タイに本拠を置くケープ&カンタリーホテルズの新しいホテルで、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(Small Luxury Hotels of the World)の加盟ホテルでもあります。

クイーン カピオラニ ホテル(ハワイ) リニューアルオープン

ハワイ・オアフ島のワキキキ東側にあるクイーン カピオラニ ホテルが、2017年夏より大規模リノベーションを行っていましたが、2018年10月23日にリニューアルオープンし、古き良きワイキキのヴィンテージの空気があふれるおしゃれなホテルとして生まれ変わりました。ロケーションはビーチからは1ブロック入ったカパフル通り沿いで、カピオラニ公園やダイヤモンドヘッドとワイキキのビーチを望むハワイの王族のための土地だった場所で、ホテルの名前にはカピオラニ女王の名を冠しています。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ オープン

ハワイ・オアフ島のワキキキ東側にアロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチが2018年5月にグランドオープンしました。以前のパシフィック・ビーチ・ホテルが5年の歳月をかけて大きく改装され、ハワイの伝統的な雰囲気と新しくモダンなデザインが広がるリゾートホテルとして生まれ変わりました。ハワイ王国最後の統治者であるリリウオカラニ女王のコテージが建っていた由緒ある場所であったことから、ハワイ語で「王室の光」を意味する「アロヒラニ」と名付けられています。

2018年~2019年にモルディブに新しくオープンする高級リゾート

モルディブでは新しくオープンする高級リゾートホテルが、2018年から2019年にかけて開業ラッシュです。たくさんの素晴らしいリゾートがオープン予定ですが、モルディブのリゾートの多くはオープン予定日より遅れるという歴史がありますので、お目当てのホテルを予約するとグランドオープンしておらず、ソフトオープンの状態ということもあります。もしソフトオープンの場合、サービスレベルが試運転だったり、一部施設が営業していなかったり、建設中といったことで料金が安かったりするメリットはありますが、新婚旅行やきちんとした旅行をという場合は予約前に確認をして納得の上で決定しましょう。

オーブルセレクトアットサンゲリ モルディブ オープン

モルディブの北マーレ環礁北西端のサンゲリ島に「オーブルセレクトアットサンゲリ」が、2018年7月1日にオープンしました。インド洋で展開するホテルチェーンのAtmosphere Hotels&Resortsが運営する4つ星のオールインクルーシブリゾートになります。アクセスはマーレ国際空港からスピードボートで約50分の距離で、ホテル内にはコンテンポラリーなデザインの全137室のヴィラとスイートが用意され、美しいリーフでダイビングやシュノーケリングといったアクティビティを楽しめます。

ジョアリ モルディブ オープン

モルディブ北西部のラア環礁のムラバンドゥー島に「ジョアリ モルディブ 」が、2018年10月1日にオープンしました。ラア環礁は首都マーレから北西へ約140キロメートルに位置し、マーレ国際空港から水上飛行機で約40分の距離になります。ジョアリ モルディブはラア環礁のプライベートアイランドに位置する24エーカーの贅沢なアイランドリゾートで、静かなラグーンや白い砂浜のビーチ、緑豊かなヤシの木々に囲まれ、日の出やサンセットの眺めも楽しむことが出来ます。

シチリア島 旅行のベストシーズン

雄大な歴史ある景観と紺碧の海、温暖な気候に観光やグルメなどの魅力がたくさん揃ったイタリアのシチリア島。シチリア島は地中海最大の島で、古代ギリシャ、カルタゴ、ローマ、アラブ、ノルマンなどシチリア島を征服した各時代の文化や遺跡など歴史的な背景を持ち、「ゴッドファーザー」、「グラン・ブルー」や「ニュー・シネマ・パラダイス」など名作映画の舞台としても有名です。

フェアモント モルディブ シル フェンフシ オープン

モルディブ北部のシャビヤニ環礁に全120棟のラグジュアリーヴィラリゾート「フェアモント モルディブ シル フェンフシ」が、2018年5月にオープンしました。シャビヤニ環礁は首都マレがある北マーレ環礁から北へ約250キロメートルの距離で、ホテル前には白砂のビーチとターコイズブルーの海の美しいパノラマが広がっています。

ボラカイ島2018年10月26日より段階的にホテル再開

フィリピンのベルナデット・ロムロ・プヤット観光相は、4月から閉鎖しているボラカイ島について、10月26日から段階的に再開することになりました。しかし、全てのホテルが再開するわけではなく、フィリピン政府は環境基準のルールをクリアしたホテルに限り、観光客の受け入れを再開する方針を定めました。

トップへ戻る