Beach & City Guide

Advertisements


ランカウイ島旅行 基本情報

ランカウイ島 基本情報

ランカウイ島へのアクセス

日本からの直行便はなく、バンコク、クアラルンプール、シンガポールのいずれかで乗り換えが必要。クアラルンプール(所要時間は7時間30分)、シンガポール(所要時間は6時間30分)などを経由地として最終的にランカウイへ向かいます。クアラルンプール国際空港で乗り換える場合は、マレーシア航空で55分。シンガポールからは1時間30分でランカウイに到着します。

ランカウイ島の気候

ランカウイ島は年平均の気温は約29℃と1年中真夏の気候で6~9月は熱帯モンスーンの影響を受け、雨は多い。服装は1年中日本の夏服でよいですが、室内など冷房が強いので上着の準備が必要です。高級ホテルやレストランを利用する時は、短パンにサンダルというラフ過ぎる服装は控えた方がよいでしょう。 この天気予報がお薦めです。雨季といっても夕方にさっとスコールだけで晴れた日も多いです。

ベストシーズンの見方 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
ランカウイ島 ベストシーズン  10月~4月 / 乾季 10月~5月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 sun sun sun sun sun-cloud cloud
平均最高気温(℃) 33 33 33 32 31 31
平均最低気温(℃) 24 24 24 25 25 24
降水量(MM) 19 34 99 191 210 250
雨の日数 2 3 7 12 15 14
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 cloud cloud cloud sun-cloud sun sun
平均最高気温(℃) 31 30 30 30 31 31
平均最低気温(℃) 24 24 24 24 24 24
降水量(MM) 267 326 335 362 192 56
雨の日数 15 17 18 19 13 5

ラランカウイ島の言語

公用語はマレー語。中国系住民では中国語、インド系住民ではタミール語も使用。英語教育の水準は高く、旅行では英語が主体。日本語表示も増えています。

ランカウイ島との時差

日本との時差は-1時間。マレーシアの方が遅れています。夏時間はありません。

ランカウイ島の通貨

マレーシア(ランカウイ島)のお金はリンギット。1リンギット30円前後。物価は日本の3分の1程度。

ランカウイ島での両替

両替は、マレーシア国際空港が有利。また、チャンギ国際空港も日本よりは有利だが、英語が必要。ホテルでの両替は非常に損なレート。

ランカウイ島でのチップ

チップの制度は無いが、欧米人はやっている人はいるので気持ちが良いサービスを受けた時はしても良いのでは。

ランカウイ島での喫煙・飲酒

喫煙については、基本的に制約を受けることは少ない。一部の建物では禁煙のところもあるが、概ね喫煙に理解が得られる環境にある。マレーシアはイスラム教国だが、一般のホテル、レストランなどでの飲酒は問題ない。

ランカウイの電圧

マレーシアの電圧は220V(日本は100V)で、コンセントはランカウイのホテルではBFタイプが多く、周波数は50Hz。日本製品は変圧器と変換プラグが必要になる。

ランカウイ島内交通

基本的にはタクシーになります。乗用車タイプとワゴンタイプがあり、メーターは無く区間で料金が決められている。タクシー乗り場から乗車するか電話で呼ぶ。流しはほとんどない。ランカウイ空港(LANGKAWI INTERNATIONAL AIRPORT:LGK)から繁華街クアタウン(KUAH TOWN)まで15KM、タクシー 25分。

マレーシア 基本情報

国名 マレーシア
Malaysia
国旗 MY
時差 GMT+8 (日本より1時間遅れている)
危険度
(事前確認⇒)
地域により注意を
外務省ホームページ
国歌 我が国 / Negaraku
面積 約33万K㎡(日本の約90%)
人口 約2996万人(2013年)
首都 クアラルンプール
政体 立憲君主制、議院内閣制。
民族構成 マレー系67%、中国系25%、インド系7%、他1%
宗教 国教はイスラム教。ほかに仏教、ヒンドゥー教、キリスト教など。

FourSeasonsResortLangkawi
マレーシア屈指のリゾートアイランド「ランカウイ島」。紺碧のアンダマン海に浮かぶ太古の森とエメラルドの海に囲まれた素晴らしい自然が人々を魅了するランカウイ島のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなど特集記事はこちら。For more information

Travel – Langkawi Island

ランカウイ島の美しい景観と紺碧の海がもたらす特別な時間。

Langkawi1

ランカウイ島 ベストシーズン

ベストシーズン 1月~3月 / 乾季 12月~5月
年間を通じて高温多湿。モンスーンの影響で乾季と雨季があり、乾季で天候が安定しているベストシーズンの1月~3月が特におすすめ。8月~10月は雨が多く降る時期もあり、ダイビング、シュノーケリング等は難しい日もあります。

-ツアー情報リンク-

◆ ランカウイ島 おすすめホテル~Expedia
◆ ランカウイ島 ホテル予約 Agoda
◆ ランカウイ島旅行なら【JTB】の海外ツアー

-ランカウイ人気ホテル-

Langkaw2
目の前に広がる壮大なプール&ビーチ。
◆ザ ダナ ランカウイ
アンダマン海の眺めを一望リゾート。
◆タンジュン ルー リゾート
リーズナブルに南国気分を満喫。
◆ベルジャヤ ランカウイ

- POPULAR TOPICS -
アンダマン海に浮かぶマレーシアのビーチと大自然が魅力のリゾートアイランド「ランカウイ島」。ランカウイ島では、マリンスポーツやゴルフをはじめとするリゾートライフを楽しめるだけでなく、島全体が免税地区になっていて充実したショッピングも楽しめます。今回、一度は泊まってみたい!ランカウイ島で人気の高級リゾートホテルを5つ、ご紹介します。
マレーシア北西部のアンダマン海にあるランカウイ島はクアラルンプールから約430km、国内線フライトで約1時間にあり、紺碧のアンダマン海に浮かぶ太古の森とエメラルドの海に囲まれた島で、2007年に東南アジアで初めてユネスコのジオパーク(地質遺産)に指定され、ランカウイ島の3つの自然公園はジオフォレストパークと呼ばれ、マングローブ森や洞窟など豊かな自然が広がります。
 売り切れ必至な「出発直前」お得な海外ツアー!

<JTB お買得なアウトレット>

お値打ち価格!おすすめ海外旅行が満載。
売り切れゴメンなので、ご予約はお早めに!

< Expedia 直前予約>

出発直前や予約締切前を特別価格でご紹介!
急に休みが取れた人、必見のスペシャルプラン!



  RELATED POSTS
トップへ戻る