Beach & City Guide

Advertisements


ハワイ・ホノルル国際空港⇔ワイキキ間の移動方法

ホノルル国際空港とワイキキの移動方法

日本からのフライトでハワイのホノルル空港(正式名称:ダニエル・K・イノウエ国際空港)に到着してワイキキへ移動するのにどうすれば良いでしょう。

ハワイの玄関口であるホノルル空港からワイキキエリアまで距離にして約10Kmですが、当然徒歩ではスーツケースなどの荷物で難しく、電車やモノレールなどの交通機関がないため、基本的に車での移動になります。車での移動時間は20~30分で、料金や人数、荷物の量、所要時間、ストレスなどあなたの旅のスタイルに合ったものを選びましょう。タクシー、エアポートシャトルバス、レンタカーが中心ですが、様々な種類があり、方法としては、具体的に、タクシー、日本の大手旅行会社の送迎バス(JTB、HIS)、シャトルバス、Uber(ウーバー)、レンタカー、市バスに大別できます。片道2.75ドルの市バスは、スーツケースなどの荷物の持ち込みが禁止されているため、荷物がある場合は選択不可となります。

乗車前に小額紙幣の準備をしましょう

クレジットカード決済が事前に済んでおり、チップも不要なら良いのですが、タクシーやシャトルバスなどに乗車する前に必ず料金とチップ分のドル紙幣の用意をしましょう。日本で両替するか、ホノルル空港内にも両替所があります。

ワイキキへ最速で移動するには?

ワイキキへ最も早く到着する交通手段は、空港からタクシーでの移動になります。事前予約も不要なので、タクシー乗り場を目指しましょう。タクシー乗り場は、到着ロビーの個人用出口を出て、横断歩道を渡った中央分離帯の右側にあります。やりとりの言葉はすべて英語になりますが、有名ホテルならホテル名だけでで大丈夫です。クレジットカードが使えるタクシーもありますが、基本的に現金払いです。降りる際には、ドライバーに料金の15%程度のチップを払います。ワイキキまでの所要時間は20分ほど。料金は、一般的なタクシーで約40ドル+チップです。

チャーリーズタクシー

日本からの旅行者に人気なのは、定額料金制のチャーリーズタクシーです。
日本から日本語で事前予約可能で、ホノルル空港に到着したら公衆電話等から日本語オペレーターへ電話後、10分ほどでタクシーが到着します。オペレーターはすべて日本語で対応してくれるので言葉の問題はありません。空港内に待機しているチャーリーズタクシーが回ってくるのでそこまで待つことはありません。定額料金制で、クレジットカード決済も可能で空港~ワイキキ間は、4人まで乗れて29ドル+チップなのでシャトルバスよりも安く、ホテルまで直行するため、最速で複数人数では最安になります。

ワイキキへ安心して移動するには?=日本の大手旅行会社の送迎バス(JTB、HIS)

初めての個人旅行で言葉に不安があるのに、航空券+ホテルでハワイ旅行を予約ました。さあ空港からワイキキまで、また帰りのワイキキから空港までの移動をどうしましょう?という場合は、日本の大手旅行会社の送迎バス(JTB、HIS)が安心できて良いでしょう。

JTB(オリオリ・エアポート・エキスプレス)

JTBでツアー参加者以外でも利用できる事前予約の送迎プランです。日本でウェブサイト予約可能で日本語で申し込み、クレジットカード決済です。到着ロビーの団体出口を出て左側にあるJTBカウンターで日本語対応のチェックインをし、料金は空港からホテル間の送迎プランで、チップ込みで片道18ドルで、荷物は2個まで無料です。所要時間は、ホテルまで40分から1時間くらいで、乗車順番の待ち時間や相乗りになるため、ホテルによっては到着の順番が後になり、時間がかかることもありますが、日本の大手旅行会社なので安心感は一番です。料金はH.I.Sより高いですが、JTBはチップ込みになります。チップが面倒なのでHISよりこちらのほうが人気です。

HIS(エアポートシャトル)

HISでツアー参加者以外でも利用できる事前予約の送迎プランです。日本でウェブサイト予約可能で日本語で申し込み、クレジットカード決済です。ホノルル国際空港団体出口前のHISカウンターでチェックインンありますので、2階の入国審査後、1階の一番出口をご利用下さい。ホノルル空港14:00発が最終バスになり、それ以降は運行しませんので注意しましょう。バケーションレンタル、コンドミニアムは送迎車が停車しませんので最寄りのホテル着になります。料金は、空港からホテル間の送迎プランで片道15ドルで、料金はJTBよりも安いですが、別途チップが必要になります。現地ドライバーは基本的に英語を話すドライバーとなり、日本語が話せるとは限りません。荷物は2個まで無料です。所要時間は、ホテルまで40分から1時間くらいで、乗車順番の待ち時間や相乗りになるため、ホテルによっては到着の順番が後になり、時間がかかることもありますが、日本の大手旅行会社なので安心感はあります。

ワイキキへ安く移動するには?

ワイキキへ最も安く到着する交通手段は、人数にもよりますが空港からエアポートシャトルバスで移動になります。空港からワイキキのホテルやコンドミニアムを巡回して、滞在ホテルの前で降ろしてくれます。空港での人数調整の待ち時間や相乗りの同乗者のホテルを巡回するため時間がかかりますが、ワイキキまでの所要時間は約40分から1時間くらいです。2人までの旅行ならタクシーよりも安く、お財布に優しい移動方法です。

ロバーツハワイ エクスプレスシャトル

ロバーツハワイ エクスプレスシャトルは、ハワイでは有名なシャトルバスになり、日本でウェブサイト予約可能です。空港待機のシャトルバスで乗り場は到着ロビーの個人用出口を出た右側になります。ロバーツハワイは目的地を最大5つにしているのが特徴で、ほかのシャトル会社より少ないため、早くホテルへ到着します。ロバーツハワイのプラカードを持っている係員にホテル名を告げ、その場でチケットを購入して荷物を預け乗車します。料金は、チップ代込みで片道16ドル。ウェブサイトから事前予約がおすすめで、予約を入れた場合は、団体出口を出て右側にあるロバーツハワイのカウンターでチェックインをします。対応は全て英語ですが、自分の名前と目的地が伝えられれば問題ありません。

スターウッド・エアポート・シャトル

スターウッド・エアポート・シャトルは、スターウッド系列のホテル専用シャトルバスです。対象のホテルは、シェラトン・ワイキキ、ロイヤル ハワイアン、モアナ サーフライダー、シェラトン・プリンセス・カイウラニに宿泊の顧客が利用できます。シャトルバスはロバーツハワイが運営しており、料金は、片道で1人16ドルに別途チップが必要です。往復で1人30ドルで別途チップが必要です。料金には1人につき2個のスーツケースと手荷物1個までが含まれます。

ワイキキへ自由に移動するには?

ワイキキも含め、カハラやコオリナやノースショアなどオアフ島を自由に自分のスケジュールで移動するには、空港からレンタカーでの移動になるでしょう。レンタカーの予約は、日本で済ませておくと各レンタカー会社の営業所での手続きも簡易になります。日本からのフライトで疲れノアr中で、日本と反対の右側通行でフリーウェイをいきなり走るのは注意が必要です。車の運転に自信があって、滞在期間中ずっとレンタカーを借り続けるのであれば、空港で借りてよいと思われますが、市内でも借りることはできますので検討してはどうでしょう。

ハーツ、エイビス、バジェット、ニッポンレンタカーの利用の場合

ハーツ、エイビス、バジェット、ニッポンレンタカーを利用する場合は、国際線ターミナルの個人用出口から歩いて5分のカーレンタルセンターへ向かいます。個人出口を出て右側へ歩き、柱番号EとFの間にある横断歩道を渡ってカー・レンタル・センターへ入り、各レンタカー会社のカウンターで手続きをします。

ダラー、アラモの利用の場合

ダラー、アラモレンタカー利用者は、国際線ターミナルの個人用出口を出て横断歩道を渡り、中央分離帯の右側方向の奥にあるレンタカー会社シャトルバス乗り場からシャトルバスに乗って営業所へ向かいます。「RENTAL CAR PICKUP」が目印で利用会社のシャトルバスが見えたら手をあげて合図し、乗車します。空港内に営業所を持つレンタカー会社を利用する場合は、空港使用料が料金にプラスされます。

ワイキキへ「Uber(ウーバー)」を利用して移動する

海外出で人気の配車アプリ「Uber(ウーバー)」。自家用車を使って一般ドライバーがタクシー業務を行い、最寄りの車を配車するマッチングサービスです。

「Uber(ウーバー)」を利用する場合

「Uber(ウーバー)」を利用するにはWi-Fi環境が必要でスマートフォンで配車し、行き先の設定や支払いができます。スーツケースの個数にもよりますが、一番リーズナブルな車種の「UberX」で25ドル前後とタクシーよりも安く、チップは任意になります。空港から市内へは空港手数料が含まれますが、帰りの市内から空港までは空港手数料が入らないので安くなります。乗車場所は、2階出発フロアの国際線ターミナルロビー8前と国内線ターミナルロビー2前になり、ワイキキまでの所要時間は20分前後になります。

ホノルル空港とワイキキを往復する交通手段まとめ

ホノルル空港とワイキキ間の送迎サービスはたくさんありますが、以下がオススメでしょう。

個人旅行初心者や語学力に不安がある場合

日本の大手旅行会社の送迎バス(JTB、HIS)

なるべくリーズナブルに移動したい

ロバーツハワイ(1人)、チャーリーズタクシー(2人〜4人)


hawaii
温暖な気候に恵まれた保養地として世界中から愛されるハワイ。白砂のビーチとホテルやレストラン、ショップが至近距離にある魅力あふれるリゾートアイランド「ハワイ」のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなどの特集記事はこちらから。For more information

Travel – Hawaii / ハワイ

青い空、青い海、常夏の島ハワイでアロハな気分を!

Sheraton Waikiki

ハワイ ベストシーズン

ハワイ ベストシーズン  5月~8月 / 乾季 4月~9月
ハワイの天気は1年を通じて気温が大きく変化することはほとんどなく、季節は2つしかありません。4月~9月の夏(ハワイ語でカウ)と10月~3月の冬(ホオイロ)です。夏の日中の平均気温は海面で 29.4℃、冬の日中の平均気温は25.6℃で、夜の気温は約6℃低くなります。

-ツアー情報リンク-

◆ ハワイ おすすめホテル10選!~Expedia
◆ ハワイ ホテル予約~Agoda
◆ ハワイ旅行なら【JTB】の海外ツアー

-ハワイツアー人気ホテル-

hawaii-resort
オンザビーチに翼を広げた人気のリゾート!
◆シェラトン ワイキキ
ひときわ目立つ8角形の高層ツインタワー!
◆ハイアットリージェンシーワイキキ
7つのタワーのワイキキ最大級リゾート!
◆ヒルトン ハワイアン ビレッジ

- POPULAR TOPICS -
ハワイ諸島の中でも2番目に大きい島であるマウイ島は、雄大な自然を楽しみながら、ゆっくりとしたバケーションを過ごすのに最適と言われる世界的なリゾートアイランドの一つです。マウイ島はハワイ語で「太陽の家」という意味で日本人観光客が少なく、圧倒的な自然の中に驚くほどの魅力がたくさん詰まっています。

ワイキキ・ビーチは、ハワイ観光におけるハワイ・オアフ島・ホノルルで最も有名なビーチとして知られています。ワイキキ・ビーチは、8つのビーチの総称で、西側の「デューク・カハナモク・ビーチ」から東側のダイヤモンドヘッドふもとの「カイマナ・ビーチ」まで、ハワイのメインスポットとして約3kmに広がるビーチのこと言います。
ハワイでは多くのホテルで導入されている「リゾートフィー(リゾート料金制度)」。ハワイ旅行で宿泊料と別にチェックアウトの際、リゾートフィーとして1泊10~40ドル前後が請求されます。リゾートフィーのサービスの使用をしなくても、請求されますので必ず予約前にリゾートフィーの有無を確認しておきましょう。

一度は泊まりたい絶景のリゾートホテル。ハワイ・マウイ島のモンタージュ カパルア ベイは、マウイ島の北西部、カパルア湾とナマル湾に面したウエスト・マウイ山脈のカハラヴァイに位置します。カパルアとは、ハワイ語で「海を抱く腕」という意味でマウイ島の高級リゾート・エリアのひとつとなります。
 売り切れ必至な「出発直前」お得な海外ツアー!

<JTB お買得なアウトレット>

お値打ち価格!おすすめ海外旅行が満載。
売り切れゴメンなので、ご予約はお早めに!

< Expedia 直前予約>

出発直前や予約締切前を特別価格でご紹介!
急に休みが取れた人、必見のスペシャルプラン!



  RELATED POSTS
トップへ戻る