Beach & City Guide

Advertisements


ゴールドコースト旅行のベストシーズン

Gold Coast / ゴールドコースト

Gold Coast

太陽と金色に輝くビーチ「ゴールドコースト」

ゴールドコーストは金色に輝く砂浜の海岸が南北42kmの白い砂浜を持つオーストラリア人気ナンバーワンのビーチリゾート。サーファーズパラダイスなど世界的なサーフィンのメッカでもあり、年間の晴天日は約300日以上、日中平均気温24℃と天候に恵まれています。内陸部には標高1000 mという世界でも数少ない亜熱帯雨林、温帯雨林と冷温帯雨林、3つのタイプの降雨林が見られる貴重な森があるラミントン国立公園、土ボタルで有名なスプリングブルック国立公園などが広がります。様々な年代が楽しめるテーマパークも豊富にそろっています。

ゴールドコースト旅行のベストシーズン

bestseason

bestseason

ゴールドコースト 気候の特徴

オーストラリアは南半球に位置し、国土の広さは日本の21倍あります。そのため、オーストラリアの国内には4つの気候(熱帯性気候、亜熱帯性気候、温帯性気候、砂漠性気候)があり、地域によって気候の特徴が異なります。
またオーストラリアは南半球のため、日本と季節が逆になり、東海岸のクイーンズランド州にあるゴールドコーストは、年間を通じて過ごしやすい亜熱帯性気候のエリアになります。
ゴールドコーストの気候は、年間を通して平均最高気温は20~30°C前後になり、湿度は低く、からりとしており、年間約300日が晴れた日という晴天率が高いことで有名です。日本が夏の時は、オーストラリアは冬になり、日本が冬の時には、オーストラリアは夏になります。(春:9月から11月、夏:12月から2月、秋:3月から5月、冬:6月から8月)

ゴールドコースト ベストシーズン

12月から2月は夏となり、1日の気温も20℃から28℃とビーチリゾートを楽しむには、ゴールドコーストのベストシーズンとなります。また9月から11月はゴールドコーストの春となり、日中は晴れた日が多く気候が安定しており、降水量も少なく、過ごしやすい気候です。ゴールドコースト観光をするにはベストシーズンと言われています。

ゴールドコースト 泳げるシーズン

年間を通して湿気も少なく快適な気候ですが、泳げるシーズンとしては春夏の10月から4月は比較的雨が多く、5月から9月は海に入るには寒くなりますが、リゾートホテルのプールの多くは冬場は温水になっているので、少し寒いですが泳ぐことができるところもあります。

夏(12月~2月)

夏(12月~2月)は1日の気温も20℃から28℃とビーチリゾートのベストシーズンとなります。年間で最も暑くなる月が1月で、日本とは逆の気候です。また夏は最も降水量が多い時期になり、2月が最も降水量が多く、午後遅くから夕方にかけて短時間のスコールがよく発生します。夏の間は湿度は高くなりますが、海風もあるため、そこまで感じることはありません。またこの時期は熱帯暴風雨が発生する事もありますので、天気予報には注意しましょう。服装は半袖で十分ですが、屋内では冷房がきついこともありますので羽織れるものを持っていると便利です。

秋(3月~5月)

秋(3月~5月)は日中は晴天で、夜は涼しく、気候が安定していて過ごしやすい季節です。この季節は残暑もあり、秋になっても泳ぐことのできる海水温ですが、徐々に水温も低くなります。一般的に夏よりも秋は降水量が少なくなります。4月はゴールドコースト・トライアスロンや、サーフ・ライフセービング・チャンピオンシップなども行われます。日中は半袖で十分ですが、4月以降は暑さも落ち着き、夜間の冷え込み対策に薄手の長袖や上着を準備しましょう。

冬(6月~8月)

冬(6月~8月)の平均気温は12℃から21℃で、東京の秋の終わりくらいの気候です。降水量は少なくなり、晴天が続き乾燥しています。6月にはホエールウォッチングも始まり、7月にはゴールドコーストマラソンも開催されます。リゾートホテルのプールは冬場は温水になっているホテルも多いので、屋外は少し寒いですが泳ぐことができるところもあります。日中は比較的に晴れて乾燥していますが、朝・晩は10°C近くまで気温は下がりますので、長袖や上着などが必要です。また最低気温は10℃以下の日もありますので、ジャケットやマフラーなども用意しましょう。

春(9月~11月)

春(9月~11月)の日中は晴れた日が多く、夜も比較的に暖かく、気候が安定しており、過ごしやすい気候です。秋よりも降水量が減るため、ゴールドコースト観光をするにはベストシーズンと言われています。平均気温は16.9〜25.4℃です。日中は乾燥していますが風が発生することもあり、特に9月は強い風が吹きます。そのため、ウィンドサーフィンやセーリングなど風を利用するマリンスポーツには最適の時期となります。だんだんと夏へ移行していく時期になり、薄手のシャツや重ね着をしなくても過ごすことができるような気温になり、マリンアクティビティが楽しめるシーズンになります。 服装は日中は半袖で十分ですが、夜間の冷え込み対策に薄手の長袖や上着が必要になります。

ゴールドコーストでの服装など

ゴールドコーストでは、年間を通して日本ほどではありませんが四季の季節があり、冬以外の日中は基本的に日本の夏の服装で大丈夫ですが、雨が降った時や朝晩に肌寒くなることもありますので薄手の長袖や軽く羽織れる上着があると良いでしょう。冬は10℃以下になる日もありますのでジャケットやマフラーなどの防寒も必要になります。

また夏は日差しが強い為、帽子やサングラスなどを紫外線対策として上手に使いましょう。あまり肌を焼きたくない方は、日焼けや紫外線対策としてUV対策グッズや薄手の長袖などで対応が必要となります。屋外との気温差がありますので冷房が効いた室内では薄手の長袖や軽く羽織れる上着などがあると便利ですので臨機応変に対応できるように準備しましょう。

ベストシーズンの見方 最良 晴曇雨 暑季 雨多め 雨季 涼寒
sun sun-cloud hot cloud heavy-rain heavy-rain
ゴールドコースト ベストシーズン 12月~2月 / 乾季 10月~3月
上半期 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月
乾季&雨季 sun sun sun-cloud sun-cloud sun-cloud heavy-rain
平均最高気温(℃) 29 28 28 26 23 21
平均最低気温(℃) 20 20 20 17 13 11
降水量(MM) 178 188 202 140 131 94
雨の日数 13 13 15 11 10 8
下半期 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
乾季&雨季 heavy-rain heavy-rain cloud cloud sun-cloud sun
平均最高気温(℃) 21 21 23 25 27 28
平均最低気温(℃) 9 10 12 15 17 19
降水量(MM) 76 55 59 86 104 132
雨の日数 7 7 7 9 10 11
ゴールドコースト 基本情報

ゴールドコースト  アクセス

ゴールド・コースト空港とブリスベン空港へのアクセスになるが一般的に日本からはゴールド・コースト空港が街に近くておすすめです。成田空港からゴールドコーストへジェットスター航空、日本航空、カンタス航空による直行便が毎日1便ずつ就航しています。東京-ゴールドコースト空港間で約9時間。関西からはジェットスター航空乗り継ぎで、大阪-ゴールドコースト空港間で約11時間10分。(時期よりに直行便があったりと変わります。)ゴールド・コースト空港は市街地の南方約25km、ニュー・サウス・ウエールズ州との境に位置し、空港から市街へのアクセス方法は、タクシー、バスが基本です。観光の中心地サーファーズ・パラダイスまで車で約30分、料金は約50ドル。バスはゴールド・コースト・ツーリスト・シャトルで空港内カウンターで宿泊先を告げて発券。片道A$21。帰国の際は24時間前までに予約の電話を入れましょう。
ゴールドコースト 基本情報


ゴールドコースト 人気のリゾートホテル

Palazzo Versace

パラッツォ ベルサーチ / Palazzo Versace

ヴェルサーチのライフスタイルを進化させたルネッサンスの輝きを持つ場所であり、優雅さとゆったり感を合わせ持つ美しいホテルです。世界で最初のヴェルサーチ・ホテルは205室のクラッシックで優雅な客室と隣接する72室のコンドミニアムを持ち、質の高い3つのレストラン、プライベートマリーナを合わせ持ち、歴史的なゴールドコースト、ブロードウォーター地区に位置します。
ゴールドコースト ホテル情報  ゴールドコースト新規開業のホテル


ゴールドコースト 人気のビーチ

surfers_paradise_beach

ゴールドコースト・サーファーズ・パラダイス

ゴールドコーストといえば、「サーファーズ・パラダイス(Surfer’s Paradise)」と言われるほど有名なビーチ。様々なビーチリゾートの過ごし方を出来るのが人気の理由で街に隣接し、ラグジュアリーホテルからバーやレストラン、充実したショッピング、アクティビティも楽しめるため、観光客でいつも賑わっています。
ゴールドコースト ビーチ情報


ゴールドコースト メインストリート

カビルアベニュー

サーファーズパラダイスはビーチと運河の間の約400mx400mの空間にレストランやショッピング、ホテルやアニューズメントなどの施設が凝縮のゴールドコースト一の繁華街です。そのメインストリートのカビルアベニューから海へ突きあたるとそこはサーファーズパラダイスビーチ。カビルアベニューの歩行者天国の入り口にはインフォメーションセンター、ビーチ側の突き当りには交番があるので道案内も安心です、隣接するセントロ・ショッピングセンターも人気のスポット。

ゴールドコースト 人気のビール

xxxx

xxxx / フォーエックス

タイプ:ラガー / 原材料:大麦・穀類・ホップ / 容量:330ml / アルコール度数:約 4.6%  XXXX(フォーエックス)シリーズはゴールドコーストのあるクイーンズランド州では絶大な人気。リッチでコクが深く口に含むとフルーティ-な香りでビター。
ゴールドコースト ビール情報


ゴールドコーストは金色に輝く砂浜の海岸が南北42kmの白い砂浜を持つオーストラリア人気ナンバーワンのビーチリゾート。「ゴールドコースト」のベストシーズンやビーチ情報、憧れのホテルや新規オープンのホテルなどの特集記事はこちらから。For more information

Travel – Gold Coast / ゴールドコースト

太陽に愛される黄金のビーチ「ゴールドコースト」!

Gold Coast1

ゴールドコースト ベストシーズン

ゴールドコースト ベストシーズン 12月~2月 / 乾季 10月~3月
南半球のため、日本と季節が逆になり、日本が夏の時は、オーストラリアは冬、日本が冬の時には、オーストラリアは夏です。(春:9月から11月、夏:12月から2月、秋:3月から5月、冬:6月から8月)年間を通じて過ごしやすい亜熱帯性気候で晴天率が高く、一年のうち300日が晴天で湿気も少なく快適。1~5月は比較的雨が多く、5~9月は海に入るには寒くなり、ホテルのプールの多くは冬場は温水になっているので少し寒いですが泳ぐことができます。

-ツアー情報リンク-

◆ ゴールドコースト おすすめホテル10選!~Expedia
◆ ゴールドコースト 旅行ガイド~TripAdvisor
◆ ゴールドコースト旅行なら【JTB】の海外ツアー

-人気のリゾートホテル-

Outrigger Surfers Paradise
サーファーズパラダイスで人気と利便性抜群!
◆ウォーターマーク ゴールドコースト
お値段重視のサーファーズパラダイス中心!
◆ クラウンプラザ サーファーズ パラダイス
ラグーン、プールが人気のマリオット!
◆ マリオット サーファーズ パラダイス リゾート
メイン ビーチでリゾート満喫!
◆ シェラトン ミラージュ リゾート

  RELATED POSTS

トップへ戻る